• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 相談等 > HIV・その他性感染症検査について(宮古保健所)

ここから本文です。

更新日:2020年9月24日

HIV・その他性感染症検査について(宮古保健所)

宮古保健所では、新型コロナウイルス感染症の対応のためHIV、梅毒、クラミジア、HTLV-1、B型、C型肝炎の検査をしばらくの間休止いたします。

 沖縄県のHIV感染症について

 沖縄県は、全国的に見てもHIV感染者/エイズ患者の報告数が多い地域となっています。

 〇沖縄県の特徴

 ・沖縄県のHIV 感染者・エイズ患者新規報告者数は、依然として感染が拡がっている状況です。

 ・診断時に既にエイズを発症している=「いきなりエイズ」が47.1%(2019.11.22時点)と高い割合である。このことから、早期発見のための検査機会を逸していると推察されます。

 ・2018年の人口10万人あたりの新規報告数でみると、HIV感染者は全国4位、エイズ患者は全国6位です。

 ・年代別では、20代~50代に幅広く分布しています。

 ・人口10万人対のHIV抗体検査件数は2018年時点で全国2位です。

  ※たとえHIVに感染していても、早期発見・早期治療により、エイズの発症を遅らせることができ、感染前と変わらない生活を送ることも可能です。

HIV/AIDS(エイズ)・性感染症・肝炎の無料検査について ※ 予約制

宮古保健所では、新型コロナウイルス感染症の対応のため、HIV、梅毒、クラミジア、HTLV-1、B型、C型肝炎検査をしばらくの間休止いたします。

検査の再開については、ホームページにてお知らせいたします。ご理解ご協力お願いいたします。

 

  • 宮古保健所では、毎週火曜日、木曜日(祝日、年末年始除く)にHIV/AIDS(エイズ)、梅毒、クラミジア、B型・C型肝炎に関する検査・相談を原則無料・匿名可で行っています。
  • 予約は、検査希望日の2週間前から受け付けます。
  • 予約制となりますので、必ず事前の連絡をお願いします。(健康推進班 感染症担当 連絡先:0980-73-5074)

 

 無料検査一覧チラシ(令和2年6月現在)


R2HIV(PDF:166KB)

 

  • 感染後すぐ(3ヶ月未満)の検査では感染していることが判明できない場合があります。
  • 匿名で受けることができます(プライバシー厳守)。
  • 証明書の発行はしません。
  • 検査の結果は、直接ご本人にお知らせします(電話・郵送ではお知らせしません)。
  • B型・C型肝炎検査は原則実名となります。また、初めて検査を受ける方のみ無料です。
  • 肝炎検査についてはこちらのページもご覧ください。→B型・C型肝炎検査について

検査の場所

宮古保健所 1階 4.検査室で行います。

入り口から突き当たり左側です。

 

ページの先頭へ戻る

病気について

病名 症状 治療方法
HIV/エイズ
  • 感染から数週間以内にインフルエンザに似た症状が出る場合がある。
  • 自覚症状のない時期(無症候期)が数年続き、その間にも免疫力の低下が進行する。

抗ウイルス薬の服用など

クラミジア

  • 多くは無症状。男性は排尿時の痛み、女性はおりものの増加などが特徴。
  • 最も感染者が多い。
抗生物質の服用など
梅毒
  • HIV感染との重複症状が一番多い。
  • 感染後約3週間で感染部位に大豆くらいの赤くて硬い、痛みのないしこりができる。
抗生物質の服用など

 

 

ページの先頭へ戻る

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部宮古保健所健康推進班

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-73-5074

FAX番号:0980-72-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?