• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年7月23日

急傾斜地崩壊対策事業

吉原急傾斜地での格子状擁壁工による整備(北谷町)
▲吉原急傾斜地での格子状擁壁工による整備(北谷町)

 

急傾斜地崩壊とは、地面にしみ込んだ水分が土の抵抗力を弱め、弱くなった斜面が突然崩れ落ちる現象です。突発的に起こり、瞬時に崩れ落ちるので、逃げ遅れる人も多く、死者の割合も高くなっていて非常に危険です。地震等がきっかけとなって起こることがあります。

急傾斜地崩壊対策事業とはこのような被害を未然に防ぐ事業のことです。

お問い合わせ

土木建築部中部土木事務所河川都市班

〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-34 沖縄県中部合同庁舎3階

電話番号:098-894-6515

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?