• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 土木建築部 中部土木事務所 > 河川都市班(中部土木事務所) > 251_一般県道_那覇宜野湾線(パイプライン線)

ここから本文です。

更新日:2012年7月23日

251_一般県道_那覇宜野湾線(パイプライン線)

事業内容

パイプライン線は、那覇市、浦添市、宜野湾市をつなぎ、主要幹線道路の国道58号と国道330号の間に位置する路線である。

戦後、那覇軍港から嘉手納基地まで、軍使用の燃料を輸送するオイル管を埋設するために整備され、通称「パイプライン」として地元及び利用者に親しまれている。

当該道路は、那覇市、浦添市及び宜野湾市の各市で整備管理されていたが、平成10年4月に一般県道那覇宜野湾線に昇格し、県において整備管理される道路となった。

現道は、幅員が狭隘でかつ歩車道の区別がなく、道路縦断勾配も厳しいため、市街地の渋滞緩和と児童生徒などの歩行者及び自動車交通の安全確保の上から整備を進めている。


▲完成予想図1

事業概要

事業箇所 宜野湾市嘉数~浦添市伊祖
事業区間 延長1,760m幅員16m
着手年度 平成14年度

 

標準断面図
▲標準断面図

お問い合わせ

土木建築部中部土木事務所河川都市班

〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-34 沖縄県中部合同庁舎3階

電話番号:098-894-6515

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?