RSウイルス感染症患者が増えています

ページ番号1018064  更新日 2024年1月11日

印刷大きな文字で印刷

現在、本県ではRSウイルス感染症患者が増加しています。RSウイルス感染症は、生涯にわたり何度でも感染と発病を繰り返しますが、生後数週から数カ月の期間にもっとも重症な症状を引き起こす場合がありますので、乳幼児のいるご家庭や保育所では特に注意が必要です。

RSウイルス感染症の感染予防策は、新型コロナウイルス感染症と同じく「3密(密集、密接、密閉)を避ける」、「手洗い」、「マスクの着用(咳エチケット)」が重要となりますので、引き続き感染予防策を徹底していただきますようお願いします。

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沖縄県 保健医療部 ワクチン・検査推進課
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階第1・第2・第3会議室
電話:098-866-2013 ファクス:098-869-7100
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。