• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 消費生活 > 告知・啓発等 > 注意喚起情報 > 県内の高校で仮想通貨(暗号資産)の投資話が広がっています。注意!

ここから本文です。

更新日:2020年1月28日

県内の高校で仮想通貨(暗号資産)の投資話が広がっています。注意!

 9月ごろより、高校生の間で仮想通貨の投資話が広がっているとの情報があり、注意していたところ、本島南部地域の高校生より、「ビットコインを6万円から投資できるとの投資話が来たが、投資しても大丈夫か。」との相談がありました。

 また、県教育庁が県立高校に対して緊急調査を行ったところ、①勧誘を受けた生徒がいる学校は30校、②勧誘を受けた学生数は134名、③勧誘時に提示された投資金額は3~6万円、④勧誘を受けた方法として、SNSでの情報、先輩からの声かけ、同級生・友人等からの声かけとの結果がまとまりました。(12/16)
 被害状況は現時点で明確にはなっておりませんが、紹介者に先輩がいたという調査結果から、仮想通貨への投資話が、高校生のみならず、大学生の間においても、広がっている可能性があります。

 仮想通貨に投資したが、説明と異なり困っている方は、最寄りの消費生活センター(局番なし188又は098-863-9214)にご相談ください。

 十分な知識がないまま、仮想通貨に投資することは非常に危険です。仮想通貨の詐欺的な投資で多く使われるキーワード(①〇〇さんに預けたら儲かる。or(紹介者が)お金を預かる。②誰でも簡単にできる。or代わりに手続する。③間違いなく儲かる。)のうち、一つでも出てきたら、ご注意ください。(仮想通貨は、資金決済法で厳しく規制されており、登録業者(22社のみ)以外が売買を行うことは禁止されています。)

 少なくとも下のセルフチェック項目の一つでも当てはまらない、わからないものがあったら、仮想通貨を扱わない方が良いでしょう。
 ・ネットバンキングを使用している。
 ・クレジットカードのウェブサービスを利用している。
 ・Googleなどのサービスで二段階認証を使用している。
 ・ネットサービスのIDやパスワードは厳重に管理し、安易なパスワード等を使用していない。
 ・仮想通貨の仕組み、メリット・デメリットを十分に理解しており、第三者にも説明できる。

*仮想通貨は実際の貨幣とは異なり、電子上のデータであり、売買取引のバランスで価値が大きく変動し、当然価値が下がることもあるため(例:Googleが量子コンピュータの実験が成功したと公表(2019/10/23)したところ、この技術により、仮想通貨の暗号化技術が突破されるとして、価値が大幅に下落した。)、絶対に儲かるという保証はありません。

 仮想通貨で絶対儲かる?(相談事例より)


消費生活センタートップに戻る

お問い合わせ

子ども生活福祉部消費生活センター(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟1階(北側)

電話番号:098-863-9212

FAX番号:098-863-9215

※ 消費生活に関するご相談は、センター相談室(電話098-863-9214)にお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?