• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 地方・広域 > 地方分権 > 沖縄県の取り組み

ここから本文です。

更新日:2021年2月25日

沖縄県の取り組み

道州制等研究会(次長・課長級)
・平成16年度から平成17年度まで開催(計10回)
・平成17年11月に中間報告を発表し「単独で道州を構成することが望ましい」とする。
【中間報告における区域のあり方】
『本県は、人口・経済規模は小さいものの、地理的・歴史的・文化的な独自性を明確に有しており、今後は、この個性豊かな特性を活かした地域振興こそが重要であり、また、それを通じて多様な国土形成の一翼を担い、わが国全体に寄与すべきと考えられることから、本県は単独で道州を構成することが望ましいのではないか。』

道州制等研究会(部長級)
・平成18年1月に、次長・課長級の道州制等研究会を部長級に格上げし、7回開催

作業部会(課長級)
・平成19年6月の第6回部長級研究会で設置を了承。
・部長級研究会の下に、課長級からなる「作業部会」を設置。
・急速に進展する地方分権改革に関し、意見交換を行った。(計9回)

分権改革及び道州制等に関する勉強会

 作業部会で検討した内容を、東京市政調査会理事長西尾勝氏と、作業部会メンバーで意見交換する場として設定。(通称「西尾勉強会」)

講演会・シンポジウムの開催
・県、市町村の職員や広く一般県民を対象に、道州制に関する認識を深めてもらうために開催
・平成18年度からこれまでに講演会3回、シンポジウム2回を開催

 

お問い合わせ

企画部企画調整課企画制度班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2026

FAX番号:098-866-2351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?