• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 感染症対策業務について > ウイルス性肝炎関連情報(沖縄県の制度等)

ここから本文です。

更新日:2022年11月25日

ウイルス性肝炎関連情報

保健所検査休止のお知らせ

現在、新型コロナウイルス感染症に係る業務実施のため、保健所での肝炎検査(B型肝炎/C型肝炎)を休止又は縮小しております。

検査実施状況等については各保健所のホームページをご覧ください。

ウイルス性肝炎とは

ウイルス性肝炎は、全国でB型が110万人~140万人、C型が200万人~240万人の感染者が存在すると推定されており、適切な治療を行わないまま放置すると慢性化し、肝硬変、肝がんへ進行するおそれのある疾患です。

自覚症状がほとんどないことから、肝炎ウイルス検査の受検を促進することにより早期発見に努め、感染者に対して専門医による早期の診断と適切な治療を提供できるよう、専門医療機関とかかりつけ医との診療連携の強化を図る必要があります。

 

お問い合わせ

保健医療部ワクチン・検査推進課感染症予防班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階

電話番号:098-866-2013

FAX番号:098-869-7100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?