• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 知事公室 広報課 > 新型コロナウイルス感染症にかかる知事コメント

ここから本文です。

更新日:2020年7月2日

新型コロナウイルス感染症にかかる知事コメント 

知事コメント(PDF:104KB) 

 

【令和2年7月2日】 

 知事コメント①

第2波、第3波に備えた警戒レベル指標の策定について

    沖縄県では、これまでに142名の新型コロナウイルス感染症の患者が確認され、4月には急増し、重症用の病床が逼迫するなど、非常に厳しい状況にありましたが、この間における医療機関等の取組や県民の皆さまのご協力により、第1波の流行は、どうにか押さえることができたと考えております。
    先日開催された県の専門家会議においても、この難局を乗り越えられたのは、速やかな入院調整が行われたことや、多くの県民が外出自粛等の要請に協力していただいたことなどが大きな要因であったとのご意見をいただきました。ご尽力いただいた関係者の皆さま、県民の皆さまに心から感謝を申し上げます。
   
    現在は、2ヶ月以上もの間、キープゼロが続いており、比較的落ち着いた状況にありますが、新型コロナウイルス感染症については、ワクチンや治療薬も開発されておらず、まだまだ不明な点が多く、警戒を緩めることはできません。
    そのため、県としましては、本日対策本部会議を開催し、第2波、第3波に備えた警戒レベル指標を決定しました。
    警戒レベルの設定にあたっては、去る6月19日に厚生労働省が示した患者推計の方法や、県の専門家会議の意見等を踏まえて算出しました。
   
    設定した警戒レベルは、第1段階から第4段階で構成されており、緊急事態宣言を発令するレベルは第2段階から第3段階への移行を捉えて発出するとしております。1週間の新規患者発生が人口10万人あたり2.5人となった日を基準日と定め、その3日後に緊急事態宣言を発令することを想定し、実施内容を取りまとめたところです。沖縄県の場合、1週間に37人以上の患者が発生した日が基準日となります。
    また、感染蔓延期における患者は最大で425人になると推計されており、この推計数に応じた対策の準備も必要となります。
   
    今後は、医療機関等と調整し、患者推計に応じた検査体制の拡充や病床確保計画を策定し、新たに患者が発生した場合にも、感染拡大を抑制し、警戒レベルが進行していかないよう、万全の対策を講じてまいりたいと考えています。
   
    改めて、皆さまにお願いします。現在、県内における感染は落ち着いた状況が継続していますが、東京など一部地域では感染者が高止まりしている状況があります。県としては、水際対策の強化を図っているところですが、県外へ渡航される方は、夜の繁華街など、三密が避けられない場所へのお出かけについては、慎重に判断くださいますよう、お願いします。
    また、来沖される皆さまにおかれましては、来沖前の体調観察にご協力いただき、三密対策などに気をつけながら来県していただきたいと思います。
   
    第2波に備え、感染拡大を防ぐためには、感染の早期覚知が重要であることから、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の利用を、是非お願いしたいと思います。このアプリは、厚生労働省が全国的に推奨しているアプリであり、県をまたぐ移動においても、効果を発揮するものと期待されます。
    後ろのモニターに表示してありますので、県民の皆さまにも来県される皆さまにも是非ご利用いただきたいと思います。
   
    今後は、経済活動が徐々に再開されていくことに伴い、新たな患者が発生することは十分予見されます。重要なことは、新型コロナウイルスを「正しく恐れる」ことだと考えております。正確な情報に基づく対策が重要です。県民の皆さま一人一人が、withコロナの生活を認識し、感染を予防する「新しい生活様式」を実践するなど、引き続きご理解とご協力をよろしくお願いします。また、事業者の皆さまにおかれましても、それぞれで策定したガイドラインを遵守するなど、感染予防策の徹底をよろしくお願いします。
   
    これから本格的な夏を迎えますが、定期的な部屋の換気やこまめな水分補給、屋外においては状況に応じてマスクを外すなどの熱中症予防にも気をつけていただきますよう、併せてお願いいたします。

 

知事コメント②

 沖縄県と海軍病院は、2013年1月24日付けの「在日米軍と日本国の衛生当局間における情報交換」に係る日米合同委員会合意等に基づき、感染症に関する情報交換を行っています。
 これまでに海軍病院から報告された情報では、在沖米軍基地内において既報の3名以外に新たな感染者は確認されておりませんでしたが、本日、海軍病院から「外国から入国し基地内の自宅にて健康観察中のSOFAメンバー(軍人・軍属・その家族)の1名が新型コロナウイルスに感染していることが昨夜の検査で判明した。」と、連絡がありました。
 詳細な情報はまだありませんが、米軍基地内に到着して自宅待機中であったため、県民との接触はなく、基地の外にも出てないとのことです。引き続き情報確認して行きたいと思います。
なお、県内における患者発生数にはカウントされません。

 

 令和2年7月2日
                                   
  沖縄県知事 玉城 デニー                                     

 

  

  【知事コメント動画はこちら】(外部サイトへリンク)

 

  【これまでのコメント】

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知事公室広報課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟5階(南側)

電話番号:098-866-2020

FAX番号:098-866-2467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?