中部土木事務所管内における土砂災害防止法に基づく基礎調査結果の公表

ページ番号1013255 

印刷大きな文字で印刷

沖縄県では、がけ崩れ、土石流、地すべりなどの土砂災害から県民の命を守るため、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等の指定の前段として、基礎調査を実施しています。

平成26年度11月に改正された同法律(平成27年1月18日施行)に基づき、中部管内における基礎調査の結果を公表いたします。

現在、土砂災害特別警戒区域等の指定に向け、手続きを進めている箇所もあります。未指定の箇所について、順次、区域指定の作業を進めていきます。

各市町村の基礎調査箇所

このページでは、令和4年6月末までに実施された、中部土木事務所管内の市町村における基礎調査箇所について、ご覧いただけます。

自然現象の種類

市町村

土石流

急傾斜地の崩壊

地滑り

合計

西原町

2

16(2

7(1)

25(3)

浦添市

 

56(1)

3(1)

59(2)

中城村

8

13

9

28

宜野湾市

 

30

 

30

北中城村

2

23

5

30

北谷町

 

31

 

31

沖縄市

 

42

10

52

うるま市

1

50

1

52

嘉手納町

 

 5

 

5

読谷村

 

12

 

12

※西原町、浦添市の()内の数値は、南部土木事務所管轄です。

また、市町村名をクリックしていただきますと、基礎調査の箇所図、区域図面等をご覧いただけます。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

沖縄県 土木建築部 中部土木事務所
〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-34 中部合同庁舎3階
電話:098-894-6510 ファクス:098-937-2510
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。