• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年10月10日

沖縄県福祉のまちづくり賞

沖縄県福祉のまちづくり賞とは・・・

  沖縄県では、福祉のまちづくり施策の一つとして「沖縄県福祉のまちづくり賞」を創設し、条例の趣旨に沿った福祉のまちづくりに寄与する取組や活動を行っている個人、企業又は団体で、顕著な功績のあったものを表彰することとしております。表彰は年1回行っております。(平成19~23年度は「沖縄県福祉のまちづくり推進功労者表彰」という名称で表彰しておりました。)

 平成29年度 沖縄県福祉のまちづくり賞 候補者募集!!

 平成29年度沖縄県福祉のまちづくり賞の候補者を募集します。

H29福まち賞チラシ1

 応募期間は

 平成29年10月2日から平成29年12月15日

 多数のご応募をお待ちしております。

 チラシもご覧ください↓

 候補者応募チラシ表(JPG)裏(JPG)

 応募にかかる詳細は

応募要領(PDF:85KB)をご確認ください。

 受賞者の発表は平成30年1月ごろ行う予定です。

 また、県のwebサイトにも掲載いたします。

 不明な点などあれば、お気軽に問い合わせください

  「福祉のまちづくり賞」の担当がお答えします。

 TEL:098-866-2190 

 

☆応募用紙

 様式1(必須)(ワード:55KB)

 様式2-(1)施設整備(ワード:43KB)

  様式2-(2)製品開発(ワード:44KB)

 様式2-(3)活動等(ワード:41KB)

 記入例(様式2-(1))(ワード:44KB)

  記入例(様式2-(2))(ワード:45KB)

  記入例(様式2‐(3))(ワード:44KB)

 

 

平成28年度 沖縄県福祉のまちづくり賞 表彰式

H28福まち賞表彰式 ●今年度は、福祉のまちづくりの推進・普及のための活動等として6件の応募をいただき、選考審査会を経て、奨励賞5件を選定しました。

 ●「平成28年度沖縄県福祉のまちづくり賞」の表彰式を沖縄県庁にて開催し、5団体を表彰しました。(H29.3.16)

 ●平成29年度も募集する予定です。福祉のまちづくりに寄与していると自負している個人・団体・企業の皆様、また推薦すべき事例がありましたら、応募をご検討いただきますようお願いいたします。

 平成28年度沖縄県福祉のまちづくり賞 表彰対象

 

 H28宮古島地域精神医療研究会

 【奨励賞】宮古島地域精神医療保険福祉研究会

 宮古島の精神医療保健福祉の向上を図るとの思いから勉強会などを初め、現在では地域住民、家族、当事者を交えて活動を行っていることが評価された。
 地元の広報誌にも取り上げられるなど、一定の啓発効果が期待できる。
 今後、研究結果などを生かしさらなる活動に期待したい。

 H28福まち賞そら観光

 【奨励賞】株式会社 そら観光

 車いす等歩行困難者限定の貸し切りバスを運行し、車いす利用者等の観光機会(社会参加)の促進に寄与していることが大いに評価された。
 リフト付きバスを利用された方の約8割が満足している。
 車いす使用者へのアンケートを行い、ニーズに応えられるよう努めていることから、今後のさらなるサービスの充実に期待したい。

 H28TSP管理共同企業体

 【奨励賞】T・S・P管理共同企業体

 障がいのある方でも海洋レジャーを楽しめるよう機器を導入し、また、サポートするための人員を配置するなど、積極的な取り組みが大いに評価された。
 他団体の障がい者イベントの助言や援助を行っており、そういった活動がたびたび新聞に取り上げられている。
 これらの取り組みは障害者の社会参加に繋がっており、今後のさらなる活動に期待したい。

 akusesu1

 【奨励賞】AccesSurf Okinawa

 多数のボランティアの協力を得ながら、障がいのある方にサーフィンや海水浴を体験してもらう活動を実施したことが評価された。
 これらの取り組みは障害者の社会参加に繋がっており、今後のさらなる活動に期待したい。

 H28音訳サークルやえせ

 【奨励賞】音訳サークル「やえせ」

 視覚障がいのある方や高齢者のため、刊行物(八重瀬町広報誌など)の音訳活動を20年以上の長期にわたって継続してきたことが高く評価された。
 地域住民の要望があれば、定期的な刊行物以外にも対応している。
 地域住民の要望に答え、地元郵便局に配達の協力を得るなど、地域に密着した活動であることも評価された。
 今後も継続して活動して頂きたい。

※写真は受賞者より提供していただきました。

平成27年度 沖縄県福祉のまちづくり賞 表彰対象

 

ryuuginn

 【沖縄県知事賞】 株式会社琉球銀行

 存続の危機にあった「ナイスハートバザールイン沖縄」を特別協賛という形で継続させ、開催費用の提供だけでなく、ボランティアスタッフを派遣するなど、10年以上継続して支援している地道な努力が大いに評価された。また「ユイマール助成金」については、企業の寄付金のみでなく、役職員からの募金と合わせて基金として造成している自発的な取組みが評価された。今後も継続して地域活動に貢献していただきたい。

 

teensclub 

 【奨励賞】 ティーンズクラブ

 森の子児童センターで活動を行う中学3年生のグループが地域と要援護者に必要な「福祉避難マップ」、「防災福祉ブック」を作成し、地域住民を巻き込んで「勢理客地域防災訓練」まで行った自発性が大いに評価された。また、支援の必要な者の視点を大事にして活動を行った点もよかった。今後も活動を繋げて、世代が受け継がれていくことを期待したい。

okiginn

 【奨励賞】 株式会社沖縄銀行

 平成27年4月に移転オープンした「南風原支店」は、障害のある当事者の意見を随所に入れたバリアフリー店舗となっており、当事者の意見を設計の段階から反映させた先駆的な取組が評価された。また、その後に整備した支店へ反映させるだけで無く、既存の店舗でも積極的にバリアフリーを推進する姿勢も評価された。他の企業への波及効果を期待したい。

 

表彰事例 

●沖縄県福祉のまちづくり賞(平成24年度~)

年度 県知事賞 奨励賞
平成26年度 (該当なし) (該当なし)
平成25年度
平成24年度 (該当なし)

●沖縄県福祉のまちづくり推進功労者表彰(平成19年度~平成23年度)

年度 県知事賞 奨励賞
平成23年度 (該当なし)
平成22年度

平成21年度

平成20年度
  • 平田観光株式会社
  • NPO法人バリアフリーネットワーク会議
  • 沖縄県友声会
  • 株式会社ラグーンリゾート名護
     「沖縄マリオットリゾート&スパ」
平成19年度 (該当なし)
  • 山田隆一
  • 小倉隆一
  • 株式会社グリーンホスピタリティーマネジメント
     「ホテルイーストチャイナシー」

 

 


 

 内閣府表彰・国土交通省表彰

  国においても、内閣府と国土交通省がバリアフリー関連の表彰制度を実施しています。

  沖縄県内からの表彰者は下記のとおりとなっています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部障害福祉課計画推進班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2190

FAX番号:098-866-6916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?