• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 消費生活 > 告知・啓発等 > 注意喚起情報 > ATMに誘導する還付金詐欺にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

ATMに誘導する還付金詐欺にご注意ください!

  最近、沖縄県内において県や市役所などの公的機関の職員と名乗り「医療費の払い戻しがある」と言って電話をかける、いわゆる「還付金詐欺」が相次いで発生しています。

  実際の被害も急増していることから、注意喚起します。

  還付する内容は様々で、「医療費」や「年金」、「保険料」や「税金」などがあります。

    還付金詐欺注意喚起チラシ(PDF:637KB)

 詐欺の手口

  具体的には、「○○市役所△△課の□□です。医療費(保険料)の還付がありますので手続きが必要です。」などと電話をかけてきます。この際、「以前に還付の手続き案内として水色の封筒を送ったが見ましたか。手続きの期限は過ぎています(又は今日までとなっています)」などといって、心理的に焦るように仕向けてきます。

  続けざまに、「この電話で簡単な操作で手続きを行うことができる」と言って、コンビニや大型スーパーなどの商業施設内のATMに携帯電話を持って向かうよう指示します。

  ATMでは、指定の電話番号に電話をし、「還付の手続き」として指示されるままATMを操作しますが、実際には、自分の銀行口座から見知らぬ口座へお金が振り込まれる操作となっています。

  ATMでの操作が終わると、振り込み明細が発行されますが、「大事な個人情報が他人に漏れると大変」などと言って、破棄するよう指示されます。

県民の皆さまへのアドバイス  

  詐欺の電話は、「非通知」でかかってきます。

   固定電話及び携帯電話の「非通知電話の着信拒否」設定が未然防止対策として効果が高いです。

  •  医療費などの還付金がATMで支払われることは絶対にありません
  • 「還付するので、携帯電話を持ってATMに行くように言われたら、還付金詐欺です。

   このような電話がかかってきたら、すぐに警察や消費生活センターに相談してください。決して、相手の話をうのみにしてはいけません。

  国民生活センターや警察庁などでも還付金詐欺に関する注意喚起情報がありますので、下記を参考にしてください。

関連するホームページのご案内

 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部消費生活センター(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟1階(北側)

電話番号:098-863-9212

FAX番号:098-863-9215

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?