• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

Q&A(福祉班)

生活保護制度

Q生活保護とは、どのような制度ですか?
A様々な事情で生活に困っている方に、国が定めた基準に基づいて、生活費や医療費などを保障するとともに、一日も早く自立できるよう手助けする制度です。

1.生活保護を申請する前に

生活保護の申請をする前に、以下のように資産、能力その他あらゆるものを活用して下さい。資産、能力等の活用が不十分な場合は、原則として、生活保護を受けることはできません。

  • 能力に応じて働いて下さい。
  • 預貯金、生命保険、不動産(建物、土地等)を活用して下さい。
  • 親、子、兄弟姉妹からできるだけ援助を受けて下さい。
  • 他の社会保障制度(雇用保険、年金、児童手当等)で、利用できるものは、すべて利用して下さい。
  • 自動車の保有・使用は原則として禁止です。

2.最低生活費と世帯収入

資産、能力その他あらゆるものを活用してもなお、世帯全体の収入が最低生活費(最低生活費は、厚生労働大臣が定めた金額です)を下回る場合は、生活保護が必要となり、最低生活費に不足する分のみ保護が受けられます。
なお、生活保護では、原則として、申請者個人ではなく、申請者の世帯単位で生活保護が受けられるか判断します。

3.生活保護を受けたときの権利と義務
〈権利〉

  • 正当な理由がなく、保護費が減らされたり、保護が受けられなくなることはありません。
  • 保護により支給されたお金や物には課税されません。また、差し押さえられることもありません。
  • 保護の内容に納得できない場合は、不服申立ができます。(但し、外国人の方を除きます。)


〈義務〉

  • 保護を受ける権利を他人に譲り渡すことはできません。
  • 能力に応じて働き、支出を節約し、生活の維持、向上に努力して下さい。
  • 収入、支出その他生計の状況に変化があった場合や居住地や世帯の構成に異動があった場合は、福祉事務所に届けなければなりません。
  • 福祉事務所が生活保護の実施に必要となる調査を行うときは、協力して下さい。
  • 福祉事務所が保護の目的達成に必要な指導、指示をした場合は、従って下さい。

※収入を偽って申告したり、不正な方法で生活保護を受けたときは、すでに受けた保護費を返還させられるほか、生活保護法または刑法の規定により処罰されることがあります。

4.訪問調査
生活保護を受けることが決まりますと、福祉事務所の地区担当員(ケースワーカー)がご自宅(入院・入所中の方の場合は、病院・施設)を訪問して、生活状況、健康状態、収入・資産、仕送りの有無、困っている事等を調査、確認します。訪問は、保護を受けている世帯の状況によって、毎月1回、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回、半年に1回のいずれかの割合で行います。

Q生活保護には、どのような援助がありますか?
A生活保護では、以下の8種類の扶助があります。

  • 生活扶助:衣食その他日常生活の需要を満たすために必要な費用
  • 教育扶助:義務教育に必要な教科書、学校給食の費用
  • 住宅扶助:家賃、地代、住宅補修の費用
  • 医療扶助:病院、診療所で受診、入院した際の費用、治療材料、移送費
  • 介護扶助:介護保険における居宅介護、施設介護、福祉用具の費用
  • 出産扶助:分娩の介助、ガーゼその他の衛生材料の費用
  • 生業扶助:生業に必要な技能の修得、就労に必要な費用
  • 葬祭扶助:火葬又は埋葬、その他葬祭に必要な費用

注1上記の扶助内容は、あくまでも例示です。
注2介護扶助を受けるためには、介護保険法に定める要介護認定が必要です。

 

児童福祉

Q児童の教育やしつけ・人間関係・不登校・非行についての相談窓口はどこですか?
A(担当窓口)宮古福祉事務所家庭児童相談室Tel0980-72-3771
(内容)

  • 家族、友人、教師との関係でのトラブル
  • 窃盗・傷害・恐喝・虚言癖・浪費癖・家出・反社会的問題行為等
  • 学校生活に関する問題等

Q子供(18歳未満)の悩みや問題についての相談窓口はどこですか?
A(担当窓口)宮古福祉事務所家庭児童相談室Tel0980-72-3771
(内容)

  • 子育ての悩み(夫が子育てに非協力的、子供が勉強しない、口答えが多い)
  • 家族関係に関するもの(親子、三世代、祖父母)

Q児童の養育についての経済的問題、養育に欠ける問題、不良地域環境についての相談窓口はどこですか?
A(担当窓口)宮古福祉事務所家庭児童相談室Tel0980-72-3771
(内容)

  • 経済的問題(生活苦)
  • 養育の問題(基本的生活態度)
  • マスメディア(有害図書類)

Q児童虐待(身体的・性的・心理的・ネグレクト)についての相談窓口はどこですか?
A(担当窓口)宮古福祉事務所家庭児童相談室Tel0980-72-3771
(内容)

  • 身体的虐待(生命・健康に危険のある身体的暴行)
  • 性的虐待(性交・性的暴行・性的行為の強要)
  • 心理的虐待(暴言・差別など心理的外傷を与える)
  • ネグレクト(保護の怠慢や拒否・放置、健康状態を損なうほどの不適切な養育、あるいは子供の危険についての重大な不注意)

注)虐待を疑ったら家庭児童相談室に通告しましょう

Q里親の相談をしたいのですが、どこに連絡すればよいですか?
A保護が必要な児童を一般の家庭で養育する制度です。
(担当窓口)宮古福祉事務所福祉班Tel0980-72-3771
中央児童相談所Tel098-886-2900
県里親会Tel098-882-5709


Q助産施設への入所を希望した場合どこに連絡をすればよいですか?
A保健上必要であるにも関わらず、経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦は指定された施設(管内では県立宮古病院)に入所、助産を受けることができます。
(担当窓口)
宮古島市役所児童家庭課Tel0980-73-1966
宮古福祉事務所福祉班Tel0980-72-3771

(必要な書類)入所申請書、住民票謄本、課税証明書(世帯分)、出産予定日を証明する診断書等

知的障害者福祉

Q心身障害者扶養共済制度に加入するには、どうしたらいいですか?
A心身障害者の保護者を加入者として、毎月一定の掛金を払い込んでいただき、加入者が死亡又は重度障害となった場合、残された障害者に年金を支給する制度です。
(窓口)宮古島市障がい福祉課Tel0980-73-1975
多良間村住民福祉課Tel0980-79-2623
宮古福祉事務所福祉班Tel0980-72-3771
(加入資格)

  • 65歳未満であること
  • 特別の疾病や障害がなく、年金保険に加入できる健康状態にあること。

 

年齢区分別掛金月額
加入者となったときの年齢区分 掛金月額
35歳未満の者 3,500円
35歳以上40歳未満の者 4,500円
40歳以上45歳未満の者 6,000円
45歳以上50歳未満の者 7,400円
50歳以上55歳未満の者者 8,900円
55歳以上60歳未満の者 10,800円
60歳以上65歳未満の者 13,300円

 

Q知的障害者更生相談所巡回相談は、どのような事業で、どこに相談しますか?
A(目的)知的障害者更生相談所から遠隔地であることや、交通機関の不便などから、知的障害者更生相談所を利用することが困難な地域の対象者に対して、効果的な処遇をするために、定期的に巡回相談を実施し、知的障害者とその家庭の福祉の向上を目的とします。
(相談窓口)知的障害者更生相談所相談判定班Tel098-886-2115
(内容)

  • 18歳以上の知的障害者の医学的・心理学的及び職能的判定を行うとともに、対象者及び保護者、ならびに関係機関に対して必要な助言指導。
  • 18歳以上の者へ療育手帳交付、再交付のための必要な心理学的判定。

なお、当該巡回相談は、年に1回となってます。(毎年9月頃)
 

母子福祉

Q母子家庭の貸付金の内容はどのようなものですか?
A母子寡婦福祉資金には12種類の資金があり、目的に合わせて選びます。
なお、貸付限度額等は毎年変更があります。

Q連帯保証人の要件はどのようなものですか?
A保証人の要件は以下のようになっています。
《連帯保証人》
1無能力者でないこと。
2申請時現在、定職に1年以上たずさわっていること。
3保証能力として、収入額が生活保護基準額の1.4倍以上であること。
4原則として、申請者と同一生計に属するものでないこと。
5県内に1年以上居住していること。
6原則として、三親等以内の親族。
7既に本制度の借受人の連帯保証人になっている場合、その借受人が償還金を滞納していないこと。

Q修学資金は海外の学校へ留学した場合にも利用できますか?
A貸付対象は、学校教育法に定める高校、大学等ですので海外の大学等(留学等)は貸付の対象ではないので利用できません。

Q宮古地域に母子会はありますか?
A宮古島市母子寡婦福祉会があります。

問い合わせ先

  • 宮古福祉事務所福祉班Tel0980-72-3771
  • 宮古島市児童家庭課母子寡婦担当Tel0980-73-1966
  • 沖縄県子ども生活福祉部青少年・子ども家庭課Tel098-866-2174
  • 母子寡婦福祉連合会(那覇市首里石嶺町4-373-1沖縄県総合福祉センター内)Tel098-887-4099

お問い合わせ

子ども生活福祉部宮古福祉事務所福祉班

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-72-3771

FAX番号:0980-73-2131

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?