• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 環境保全課 > 水環境・赤土対策班 > 平成24年度赤土等流出防止海域モニタリング調査結果

ここから本文です。

更新日:2013年11月5日

平成24年度 赤土等流出防止海域モニタリング事業について

 県では、沖縄県赤土等流出防止条例及び沖縄県赤土等流出防止対策基本計画に基づいた陸域における赤土等流出防止対策の効果を検証するため、平成24年度より県内28海域における赤土等の堆積状況を把握することを目的とした赤土等流出防止海域モニタリング事業を実施しております。

 平成24年度 調査海域位置図(PDF:699KB)

赤土等の堆積状況の評価

 海域における赤土堆積量は、SPSS(Suspended Particles in Sea Sediment: : 海域底質中の懸濁物質含量)により評価します。(SPSSはSPSS測定手順(PDF:479KB)により算出する。)
 SPSSは9つのランクに分類することができ、ランク6以上の場合は、明らかに人為的な赤土等の流出による汚染があると判断しています。

 

SPSSランクと対応する底質状況その他参考事項       

図1 SPSS、SPSSランクと対応する底質状況その他参考事項 

平成24年度 赤土等堆積状況結果

 各海域の最大SPSSランクを島嶼別に集計した結果、明らかに人為的な影響で赤土等の流出があると判別されるSPSSランク6以上の海域は全体の50%という結果が得られました。

 

   表1 平成24年度 県内海域の最大SPSSランク割合

平成24年度県内海域の最大SPSSランク割合

 

平成24年度 赤土等流出防止海域モニタリング調査委託業務報告書(抜粋)

 平成24年度 定点観測調査結果
1 調査内容(PDF:2,025KB)
2 赤土等堆積状況調査結果(PDF:2,342KB)
3 サンゴ類調査結果(PDF:170KB)

 平成24年度 重点監視海域調査結果
1 調査内容(PDF:687KB)
2 赤土等堆積状況調査結果(PDF:1,861KB)
3 生物生息状況調査結果(1)(PDF:947KB)
  生物生息状況調査結果(2)(PDF:122KB)

 定点観測調査: 沖縄県赤土等流出防止条例の効果を検証すること、及び今後の赤土等流出防止対策の基礎資料に資することを目的に、県が平成7年度から実施している調査

 重点監視海域調査: 沖縄県赤土等流出防止対策基本計画に基づく環境保全目標の進捗と達成状況の確認及び陸域対策の状況を把握することを目的に、県が平成24年度から実施している調査

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?