• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 出産や手術で大量出血等をされた方へ

ここから本文です。

更新日:2022年2月24日

出産や手術で大量出血等をされた方へ

~C型肝炎特別措置法の給付金の請求期限が2023年1月16日に延長されました~

 出産や手術で大量出血した方などには、止血等のために、フィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤(ヒトの血液から作られた医薬品)が投与されていた可能性があり、これらの製剤の投与により、肝炎ウイルスに感染した可能性があります。
   
  これらの製剤の投与により C 型肝炎ウイルスに感染した方は、国を相手取った裁判を起こし、裁判の中で、1.フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤が使用されたこと、2.その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと、3.症状、を確認することができれば、給付金の支給を受けることが可能です。この給付金を受けるためには、 2023年(令和5年)1月16日まで に国を相手取った裁判を起こさなくてはなりません。

詳しくは厚生労働省特設HPへ

 出産や手術で大量出血等をされた方へ(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)

 <問い合わせ先>

  ◎厚生労働省フィブリノゲン製剤棟に関する相談窓口

   フリーダイヤル 0120-509-002  受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日・年末年始除く)

 



お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2055

FAX番号:098-866-2723

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?