• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2019年11月15日

食品添加物について

食品添加物とは?

 食品添加物とは「食品の保存性を向上させたり、栄養を保持したり、おいしさに彩りを添えたりするために食品に添加されているもの」とされています。

 また、食品衛生法第4条では、「食品添加物とは、食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するものをいう。」と規定されています。

 

食品添加物に関するルール

  食品衛生法により、次のようなルールが定められています。

  • 使用できる添加物

 使用できる食品添加物は、天然物あるいは化学合成物にかかわらず、原則として厚生労働大臣により指定されたもののみ。例外的的に、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物は指定を受けずに使用できます。また、未指定の添加物を製造、輸入、使用、販売等することはできません。

 

  • 品質および使用量 

純度や成分についての規格や、使用できる量などの基準が定められています。

 

  • 食品への表示

 原則として、食品に使用した添加物は、すべて表示しなければなりません。表示は、物質名で記載され、保存料、甘味料等の用途で使用したものについては、その用途名も併記しなければなりません。表示基準に合致しないものの販売等は禁止されています。
なお、食品に残存しないもの等については、表示が免除されています。   
詳しくはこちら(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

食品添加物の種類 

 日本で使用が認められている食品添加物には指定添加物、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物があります。

  • 指定添加物

食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が定めたもの。安全性について、食品安全委員会の評価を受けて、個別に指定されています。(ソルビン酸、キシリトールなど) 

  • 既存添加物
     我が国において広く使用されており、長い食経験があるものについては、例外的に、指定を受けることなく、使用、販売等が認められているもの。(クチナシ色素、柿タンニンなど)
  • 天然香料
     動植物から得られる天然の物質で、食品に香りを付ける目的で使用されるもの。(バニラ香料、松茸など)
  • 一般飲食物添加物
     一般に飲食に供されているもので添加物として使用されるもの。(野菜ジュース、ブルーベリー色素など)

食品添加物のリストについてはこちらをご覧ください。

 

 食品添加物の安全性

 食品添加物の安全性評価は、リスク評価機関である食品安全委員会で行われています(食品健康影響評価)。具体的には、動物を用いた毒性試験結果等の科学的なデータに基づき、各食品添加物ごとに、健康への悪影響がないとされる「一日摂取許容量」(ADI)が設定されています。
 この結果を受けて、厚生労働省では、薬事・食品衛生審議会において審議・評価し、食品ごとの使用量、使用の基準などが設定されています。

 また、厚生労働省は、食品添加物の摂取量を把握するために、マーケットバスケット方式による一日摂取量調査を毎年実施しており、沖縄県は、この調査に参加しております。

食品添加物については、厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)もご覧ください。


 

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2055

FAX番号:098-866-2723

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?