• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 相談等 > 沖縄県医療安全相談センターについて > 診察や医師からの説明を受けるときに注意するポイント

ここから本文です。

更新日:2022年1月4日

診察や医師からの説明を受けるときに注意するポイント

質問は、いつでも何度でも

  • 診察室や医師の前では緊張していて、言いたいことがいえなかったり、聞きたいことが聞けなかったりすることはよくあります。しかし、納得がいくまで質問をしましょう。
  • いつでも、どんなことも質問することで、医師とのコミュニケーションが取れて信頼関係が深まることもあります。
  • 医療は、医師や他の医療従事者、患者さんも含めたチームで行われます。
  • 医師に聞きにくい場合は、相談室や看護師に確認することも一つです。

 

質問は、まとめて簡潔に

  • 診察や説明を受ける前に、気になることや聞きたいことをメモして持参すると良いですね。
  • 治療を行っていくうえでは患者さんの声、血液検査やレントゲンと同じくらい大事なデータとなります。
  • ご自身の心と身体に起こっていることを、的確に伝えましょう。
  • 診察や説明は時間に限りがあります。
  • 聞きたいことは、まとめて簡潔にお話ししましょう。
  • 一番聞きたいことは、一番最初に聞くこともお勧めします。

 

医師に聞いておいた方が良いこと

  • 医師に聞いておいた方が良いということ
  • 医師に伝えるべきこと

  以下にまとめました。ご参考いただければ幸いです。

治療を受ける前

  • 病名、病気の原因➡原因不明な病気は、たくさんあります。
  • 治療の方法➡いくつか方法があるのか。それぞれの効果について。
  • 治療を受ける場合、受けない場合のメリット・デメリット➡治療を急ぐ必要があるのか。
  • 回復の見込みと治療の期間➡仕事への影響等。
  • 日常生活で気を付けること➡家庭での役割や、趣味への影響等。
  • 治療費に関しては事務の方に確認すると良いでしょう➡適応可能な制度があるか。

 

治療中、後

  • 治療の効果は、どのくらい出ているのか➡医療にも限界があります。
  • 今後、追加される治療があるのか➡リハビリや投薬等。
  • 今後、この治療効果はいつまで継続するのか➡再治療が必要になる場合は、どんなときか。
  • 追加された治療は、いつまでか➡リハビリ等、長期にわたると保険適応外になる場合あり
  • 治療後の日常生活で気を付けること➡食事、運動、仕事等
  • 定期の診察、緊急に受診が必要な場合について➡受信先が変わる場合の注意事項

 

医師に伝えるべきこと

  • 症状(いつから、どこが、どのような状態、どんな時に、等
  • 病歴や家族歴、アレルギーなど(体質を知ってもらう)
  • 今飲んでいる薬、他の医療機関で受けている治療について(変更があれば都度伝える)
  • 日常生活に関すること(食事や運動、睡眠等の習慣、仕事、趣味、サプリメント等)
  • どんな治療を希望するか、その治療方法が自分の病気を治療するのに最適のものか
    (薬の形状・粉より粒が良い。希望する治療法より良い治療法があるのか)
  • 治療を受けた経過や結果(特に薬の副作用や症状が回復しない場合)
 
 
 

沖縄県医療安全相談センター(ご相談窓口)

  • 電話番号 098-866-1260
  • 月曜日から木曜日(祝日、年末年始は休み)
  • 9時から17時まで(12時から13時を除く)
  • 相談時間は30分以内でお願いいたします
  • 相談料は無料ですが、通話料はご負担いただきます。

 

お問い合わせ

保健医療部医療政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2111

FAX番号:098-866-2714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?