• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 保健医療部 八重山保健所 > 自立支援医療費(精神通院)

ここから本文です。

更新日:2019年12月20日

自立支援医療費(精神通院)

 「自立支援医療」とは、障害者等につき、その心身の障害の状態の軽減を図り、自立した日常生活又は社会生活を営むために必要な医療です。その医療費の負担軽減を図り、継続して適正な治療を受けられるために、自立支援医療費制度があります。

 自立支援医療費の1割は自己負担であり、所得等により自己負担上限額が設定されています。沖縄県では、「沖縄県精神障害者特別措置公費負担制度」が適用され、自己負担は生じません。ただし、訪問看護事業所の訪問看護については、特別公費負担制度の対象にはなりません。

制度の概要

対象者

 精神保健福祉法第5条に定める、統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者(てんかん含む)で、通院による精神医療を続ける必要がある方が対象となります。

 なお、現在病状が改善していても、その状態を維持し、かつ再発を予防するために、なお通院医療を継続する必要のある場合も対象になります。

有効期間

 有効期間は1年間です。

 新規申請の場合、市町村が申請を受理した日を始期とし、その始期から1年以内の日で月の末日たる日を終期とします。

 再認定の場合、前回の有効期間満了日の翌日を始期とし、始期より1年以内の日で月の末日たる日を終期とします。(前回の有効期間を過ぎて申請した場合は、新規申請と同様の取扱いになります。)

 所得区分の変更申請の場合、保健所で変更することを決定した日の属する月の翌月の初日から、新たな所得区分に変更するものとします。

 指定医療機関の変更申請の場合、保健所で変更することを決定した日以降から、新たな医療機関に変更するものとします。(※市町村の受理日からではありません。)

対象医療機関

 指定された医療機関・薬局・訪問看護事業所が対象になります。申請した医療機関(受給者証に記載)以外で行われた医療については、公費は適用されません。

申請窓口・お問い合わせ先(八重山保健所管内)

 

市町村 担当課 電話番号
石垣市 障がい福祉課 0980-82-9947
竹富町 福祉支援課 0980-82-6191
与那国町 長寿福祉課 0980-87-3575

 

制度関連URL

 自立支援医療費(精神通院)について、さらに詳細を知りたいという方は以下のページまで

・総合精神保健福祉センターホームページ(自立支援医療費(精神通院))

お問い合わせ

保健医療部八重山保健所地域保健班

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438

電話番号:0980-82-3241

FAX番号:0980-83-0474

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?