• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 支援メニュー > 肝炎インターフェロン治療医療費助成について

ここから本文です。

更新日:2012年9月7日

肝炎インターフェロン治療医療費助成について

肝炎治療医療費助成について

この事業はB型及びC型肝炎に対する早期治療のため、インターフェロン治療・

核酸アナログ製剤治療の医療費を助成し、肝炎患者の治療を促進することにより、

将来の肝硬変や肝がんの予防、健康の保持を目的としています。

1.対象となる医療

 B型及びC型肝炎ウィルスの除去を目的として行うインターフェロン治療・核酸アナログ製剤治療
 及びこの治療を行うために必要な医療で、保険適用となっている医療が対象となります。
 ※インターフェロン製剤やぺグインターフェロン製剤及びこれらの製剤とリバビリン製剤の併用に
 よる治療を含みます。
 ※インターフェロン治療の継続のため必要な副作用の治療を含みます。
 ※保険診療以外の費用やインターフェロン治療と関係のない医療は対象となりません。

2.対象者

 ・沖縄県に住所を有する方で、県の認定を受けた方。
 ・各医療保険に加入している方とその扶養家族の方。
 ・他の法令等の規定により、国又は地方公共団体から医療費の助成を受けている方や本事業による
 助成を県及び他都道府県で一度受けた方は、対象となりません。
 ※他都道府県で受けた認定が有効期間内の方が、沖縄県に転入された場合については、
 他都道府県で受けた認定の有効期間内に限り、引き続き沖縄県内でも助成を受ける事ができます。

3.認定手続き

 ・認定を受けるには、下記の必要書類を添えて保健所への申請が必要です。

【申請必要書類】

 (1)肝炎治療受給者証交付申請書《様式第1号》
 (2)肝炎治療受給者証の交付申請にかかる診断書《様式第2号》
 (3)対象の方の氏名が記載された被保険者証等の写し
 (4)対象の方の世帯の全員について記載のある住民票(住民票謄本)
 (5)対象の方と同一世帯となっている方全員の市町村民税課税年額(所得割)を
証明する書類


申請・相談・問い合せ

北部保健所 健康推進班 感染症担当 TEL:0980-52-5219

お問い合わせ

保健医療部北部保健所健康推進班

〒905-0017 沖縄県名護市大中2-13-1

電話番号:0980-52-5219

FAX番号:0980-53-2505

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?