• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 保健医療部 中部保健所 > 歯科保健について > 世界糖尿病デー ~糖尿病と歯周病の関係~

ここから本文です。

更新日:2022年11月28日

世界糖尿病デー ~糖尿病と歯周病~

世界糖尿病デーとは

11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために、1991年にIDF(国連糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年12月20日に国連総会において「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議(UN Resolution 61/225)」が加盟192ヵ国の全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。

世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が用いられますが、これは、糖尿病に関する国連決議が採択された翌年2007年から使われているシンボルマークです。国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、‘Unite for Diabetes‘(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズとともに、世界中で糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

世界糖尿病デー&全国糖尿病週間

 77.png

【関連】糖尿病と歯周病の関係

・歯周病の炎症によって出てくる物質が、インスリンの血糖値をコントロールする働きを妨げて、糖尿病の状態を悪くすると言われています。歯周病で歯に痛みがあったり、歯を抜いたままの状態では、バランスのよい食事ができなくなり、糖尿病の食事療法が正しく進められなくなります。この悪循環を断ち切るために、糖尿病と歯周病の治療が必要です。

 66.png

【関連】糖尿病治療は医科と歯科の連携がポイント

・糖尿病治療は、これまでの薬物療法、運動療法、食事療法の3本柱から、禁煙と歯周病治療を加えた5本柱へとシフトしています。歯周病の治療は、自宅におけるセルフケア(歯ブラシ、歯間清掃具を使った歯磨き)と歯科医院でのプロフェッショナルケア(歯石除去や歯周組織のコントロール)が必要です。糖尿病と歯周病は表裏一体です。医科のみではなく、かかりつけ歯科医も決めて取り組みましょう。治療後も、定期的な受診がとても重要となります。

444.png

 

お問い合わせ

保健医療部中部保健所健康推進班

〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-28

電話番号:098-938-9701

FAX番号:098-938-9779

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?