• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年10月16日

1. ハブの分布

          ハブ類の分布                                                      琉球列島のハブ類の分布

bunpu1沖縄県の陸上には22種類のヘビが住んでいます。しかも、そのほとんどが琉球列島だけに住む 貴重なヘビです。そのうち毒ヘビは8種類生息していますが、危険なのはハブ・ヒメハブ・サキシマハブ・タイワンハブ の4種類で、人間に害のない種類の方が多いのです。ヘビも自然界の大切な仲間であることを忘れてはなりません。タイワンハブは中国大陸や台湾に分布するハブの仲間ですが、沖縄本島北部に持ち込まれたのが逃げ出 して定着しています。その他にも、サキシマハブが沖縄本島南部に定着しています。

 

 

 

 

 

 

     ハブのいる島といない島                ハブのいる島(緑色の島)

bunpu2琉球列島の50余りの島々には、宮古島や与那国島のように、ハブのいない島もあります。ハブのいる島といない島 が、一つ置きになっているという言い伝えがありますが、左の図に示すように、実際には規則性はありません。
「ハブはどんな所にいるか」とよく聞かれますが、残念ながら沖縄県では、山や野原、畑、公園など、草や木のある所 ならどこにでもいる可能性があります。ハブは夜行性なので、昼間は開けた所に出てくることはめったにありませんが、 草むらや木の上、林の中など、日当たりの悪い所では気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

ハブのいる島

沖縄本島、伊平屋島、野甫島、屋我地島、古宇利島、伊江島、水納島、瀬底島、渡名喜島、久米島、奥端島、渡嘉敷島、儀志布島、城島、黒島、伊計島、宮城島、平安座島、浜比嘉島、浮原島、藪地島、(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島)

ヒメハブのいる島

沖縄本島、伊平屋島、野甫島、具志川島、伊是名島、屋那覇島、屋我地島、伊江島、渡名喜島、久米島、座間味島、安室島、阿嘉島、慶留間島、外地島、屋嘉比島、久場島、渡嘉敷島、儀志布島、城島、黒島、前島、仲島、端島、(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島)
サキシマハブのいる島

石垣島、西表島、外離島、内離島、小浜島、竹富島、黒島、嘉弥真島、沖縄本島(外来)

タイワンハブのいる島

沖縄本島(外来)

 

 

お問い合わせ

保健医療部衛生環境研究所(代表)

〒904-2241 うるま市字兼箇段17番地1

電話番号:098-987-8223

FAX番号:098-987-8210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?