• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 公営住宅 > 事業概要・制度概要 > 家賃の納付 > 県営住宅家賃を減免できる制度のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2015年12月16日

 県営住宅家賃を減免できる制度のお知らせ

収入の低い入居者を対象に、病気・失業・災害等予測できない理由により収入が著しく減少した場合、現在の家賃を一定期間下げることのできる制度です。(家賃未納がある者、生活保護受給者は除く)

※平成27年11月から、家賃を最大4分の1まで減額できるようになりました。

急な病気や失業等でお困りの方はご相談下さい。

減免の対象者

  1. 入居者の死亡・失業などにより、世帯収入(入居全員の収入)が52,000円以下の世帯
  2. 入居者が3ヶ月以上の療養を要する疾病にかかり、世帯月収から当該治療に要した必要費を引いた金額が52,000円以下の世帯
  3. 風災害・火災などにより著しい損害を受けた世帯

 

減免の期間

申請が受理された翌月より年度末(3月)まで

延長できる期間

減免開始月より12ヶ月を経過する期間まで

減免申請に必要な書類

  1. 住民票とう本(全部事項証明)

  2. 所得証明書(前年の所得・16歳以上全員提出)

  3. 資産証明書

  4. 減免理由を証する書類

ア.失業の場合→雇用保険受給者証(写)、退職証明書

イ.病気の場合→医師の診断書(療養3ヶ月以上・現在加療中記載が必要・医療費領収書)

ウ.災害の場合→公官庁発行の罹災証明書

 

お問い合わせ

土木建築部住宅課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2418

FAX番号:098-866-2800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?