• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 基地 > 普天間問題 > 辺野古新基地建設問題対策課 > 辺野古・大浦湾の自然環境について

ここから本文です。

更新日:2022年8月16日

辺野古・大浦湾の自然環境について

 辺野古新基地が造られようとしている辺野古・大浦湾周辺の海域は、ジュゴンをはじめと する絶滅危惧種262種を含む5,300 (プランクトンを含めると約5,800)種以上の生物が確認され、生物種の数は国内の世界自然遺産地域を上回るもので、子や孫に誇りある豊かな自然を残すことは我々の責任です。

(辺野古・大浦湾の自然環境について)

(新種の生物群)

(ジュゴンへの影響)

 

 辺野古・大浦湾シンポジウム2021~世界に認められた沖縄の宝の海『ホープスポット』を未来へ~

 沖縄県では、令和3年9月11日(土)13時から、「辺野古・大浦湾シンポジウム2021~世界に認められた沖縄の宝の海『ホープスポット』を未来へ~」をオンライン配信で開催しました。

見逃し配信はこちら(外部サイトへリンク)

要旨集(PDF:3,323KB)

声明文(PDF:70KB)

声明文(英語版)STATEMENT(PDF:707KB)

 

 辺野古・大浦湾シンポジウム

沖縄県は、平成30年3月24日、辺野古・大浦湾の貴重性について多くの方の認識を深めることを目的に「辺野古・大浦湾シンポジウム」を開催しました。
 国内外の専門家、また、大浦湾の生物や自然について研究や保全等の取組をされてきた方々により、海洋保護、辺野古・大浦湾の貴重性について認識を深めるための基調講演やパネルディスカッションが行われました。
 

シンポジウムの概要報告書
辺野古・大浦湾シンポジウム 概要報告書(PDF:5,021KB)

シンポジウム当日配布資料(PDF:5,021KB)

シンポジウムの動画(動画は外部サイトへリンク)
翁長知事あいさつ 

基調講演 フランソワ・シマール(英語) → ※ 通訳音声

講演 吉田正人 

情報提供_細川太郎

情報提供_安部真理子

パネルディスカッション1

パネルディスカッション2

パネルディスカッション3、声明、閉会挨拶

 



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知事公室辺野古新基地建設問題対策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(北側)

電話番号:098-866-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?