学校教育の充実 > 魅力ある学校づくりの推進 > 北部地区の新しい県立中学校の校名決定について

ここから本文です。

更新日:2021年8月20日

北部地区の新しい県立中学校の校名決定について

令和3年第9回県教育委員会会議(令和3年8月19日開催)において、北部地区に新たに設置する県立中学校(県立名護高等学校に併設する中高一貫教育校)の校名を決定しました。

◆校名

沖縄県立名護高等学校附属桜中学校

◆校名の理由

「附属」

長い歴史と伝統を有する名護高等学校との一貫性や一体感を表し、中高一貫教育校の校名にふさわしいことから、「附属」としました。

「桜」

北部、名護は桜の名所であるとともに、美しく咲く桜は生徒が学び成長していく学び舎にふさわしい名称です。生徒や地域から永く愛され、誇りとされる学校になってほしいという願いを込め、「桜」としました。

 

校名候補の募集には145件の応募をいただきました。たくさんのご応募どうもありがとうございました。            引き続き、沖縄県立名護高等学校附属桜中学校の開校に向けて取り組んでまいります。

 

(参考)北部地区の新しい県立中学校 校名候補募集

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

沖縄県教育庁総務課(代表)

〒900-8571 那覇市泉崎1-2-2 行政棟13階(北側)

電話番号:098-866-2705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?