• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年11月22日

高圧ガス関係

1.高圧ガス保安法関係様式について

高圧ガス保安法にかかる各種様式については、経済産業省のホームページ(外部サイトへリンク)よりダウンロードできます。

リンク先に掲載の様式データは一般高圧ガス保安規則に基づくものとなっておりますので、その他の規則についてはダウンロードしたデータの様式番号や規則名(一般→液石)など必要に応じて加工して、ご使用下さい。

なお、経済産業省のホームページに掲載のない様式や法令対象外の県独自様式は次のとおりです。

冷凍保安責任者届書(ワード:33KB)

冷凍保安責任者代理者届書(ワード:35KB)

容器検査所登録申請書(ワード:34KB)

容器検査所登録更新申請書(ワード:35KB)

検査主任者届書(ワード:33KB)

容器検査所廃止届書(ワード:30KB)

名称等変更届書(ワード:33KB)

販売計画書(参考様式)(ワード:83KB)

2.沖縄県高圧ガス容器安全管理指針について

沖縄県並びに一般社団法人沖縄県高圧ガス保安協会では、高圧ガスを取り扱う事業者及び関係団体の自主保安活動を促進し、高圧ガス容器の適正な管理の徹底と安全な消費の確保により、事故や高圧ガス容器による災害の発生を防止することを目的に「沖縄県高圧ガス容器安全管理指針」を策定し、平成25年4月1日より施行することになりました。

高圧ガス容器を取り扱う事業者等におかれましては、本指針の内容を十分ご理解いただき、高圧ガス容器の適正な管理徹底と安全な消費を行い、高圧ガス容器による事故や災害の発生防止に努められますよう、よろしくお願いいたします。

沖縄県高圧ガス容器安全管理指針(PDF:132KB)

3.酸素濃度40%未満の呼吸用ガス(空気を除く)の製造許可等に関する取扱指針について

「酸素濃度が40%未満の呼吸用空気(空気を除く)」(以下「ナイトロックス」という。)については、以前よりダイビング業界において導入が望まれていたところであるが、その製造および販売等について法的な取扱いが明確になっていないことから、沖縄県では、ナイトロックスの製造および販売等について高圧ガス保安法(以下「法」という。)に基づき次のとおり方針を定めたので、これを公開します。

製造および販売を希望する業者に対して関係法令とともに本方針を遵守するよう指導するとともに、その取扱い等については各種関係団体の協力を仰いでいくものとします。

※販売主任者の選任については、平成28年11月1日付け「容器保安規則等の一部を改正する省令」の施行により、不要になりました。それに伴い、下記の方針等も一部改正しております。

酸素濃度40%未満の呼吸用ガス(空気を除く)製造指針(PDF:278KB)

圧縮空気と酸素濃度40%未満の呼吸用ガス(空気を除く)の取扱いに関する対照表(PDF:207KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働部産業政策課産業基盤班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(北側)

電話番号:098-866-2330

FAX番号:098-866-2440

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?