• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 商工労働部 工業技術センター > 工業技術センターの沿革

ここから本文です。

更新日:2012年11月21日

工業技術センターの沿革

昭和34年5月 琉球政府経済局蚕糸検定所内に「指導調査課」、「化学課」、「工芸課」の3課を有する「琉球工業研究指導所」が設立された。
昭和38年2月 経済局組織規則の改正により「総務課」、「技術指導室」、「生産指導室」の3課に改編された。
昭和39年6月 経済局組織規則の改正により「材料試験室」が新設された。
昭和40年8月 経済局から通商産業局の所管となり、「材料試験室」は職員を含めて建設局(現(財) 沖縄県建設技術センター)へ移管された。
昭和47年5月 本土復帰に伴い「琉球工業研究指導所」は「沖縄県労働商工部」の出先機関として、「沖縄県工業試験場」と名称を改めるとともに、内部組織も5課(庶務課、化学課、鉱物資源課、染織課、木工試験課)に改編し、職員数25名でスタートした。
昭和49年4月 「沖縄県伝統工芸指導所」が新設され、工業試験場から「染織室」と「木工試験室」が分離された。それに伴い内部組織も場長1名、庶務課4名、化学室4名、鉱物資源室7名の計16名となった。
昭和50年8月 「鉱物資源室」を廃止し、新たに窯業室と機械金属室を設置するとともに、庶務課、窯業室、機械金属室に各1名を増員し、計19名体制となった。
昭和53年4月 化学室に研究員1名を増員し、定員が20名となった。
昭和55年4月 新しく次長制がスタートし、定員が21名となった。
昭和59年4月 「庶務課」を「企画課」に改称し、用務員1名を減員、化学室に研究員を1名増員し、企画課を4名、化学室を6名とした。
昭和60年4月 研究員を1名増員すると共に、新規に食品室(化学室より分離)を設置した。
昭和63年4月 食品室に研究員を1名増員し、23名体制となった。
平成元年4月 運転手1名減員で再び22名体制となった。
平成6年4月 「食品室」を「食品加工室」に改称するとともに、研究員を1名増員し23名体制となった。
平成7年4月 化学室に研究員を1名増員し24名体制となった。
平成8年4月 企画課研究員を1名増員し25名体制となった。
平成9年4月 沖縄県工業技術センター移行に向けての業務執行体制の強化のため、企画課が所管していた経理庶務業務を担当する「庶務課」を新設し、庶務課課長1名増、企画課に研究員を2名増員し、28名体制となった。
平成10年4月 「工業試験場」を具志川市州崎に移転し、「工業技術センター」に改称した。組織も工業試験場の2課4室制(庶務課、企画課、化学室、食品加工室、窯業室、機械金属室)から1課1室2部制(総務課、研究企画室、開発研究部、技術支援部)に組織を改正するとともに、研究員を3名増員し、31名体制となった。
平成11年3月 特許庁より沖縄県知的所有権センターの認定を受けた。
平成12年4月 研究員を1名増員し32名体制となった。また、招聘・嘱託研究員事業を開始した。
平成17年4月 試験研究機関の管理一元化により、「工業技術センター」は「沖縄県商工労働部」から「企画部」の出先機関となった。
平成18年4月 班制の導入により、4班制(企画管理班、技術支援班、食品・化学研究班、生産技術研究班)に組織を改正するとともに、任期付研究員を2名増員し34名体制となった。
平成19年4月 研究員(工芸)を1名増員し35名体制となった。
平成20年4月 研究員を1名を減員し34名体制となった。
平成21年4月 研究員を1名増員し35名体制となった。
平成23年4月 研究員を1名を減員し34名体制となった。
平成24年4月 行政組織規則改正により「工業技術センター」は、「企画部」から「商工労働部」の出先機関となった。研究員を2名を減員し32名体制となった。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

商工労働部工業技術センター(代表)

〒904-2234 沖縄県うるま市州崎12-2

電話番号:098-929-0111

FAX番号:098-929-0115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?