• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年9月19日

造林事業の推進

中南部の森林は、去る大戦で殆どの森林・緑が消滅し、甚大な被害を被ったが、戦後、県民の根強い緑化運動の展開及び造林事業等により、森林・緑は漸次回復しているものの、依然として荒廃原野(ススキ、ギンネム林、無立木地等)の存在や学校、地域公園等においては貧弱な緑地の形成が見られます。

「県民の安らぎと潤いのある生活を享受できる美しい県土づくり」、「災害に強い県土づくり」「緑豊かな教育(学校)環境作り」を推進するためには、荒廃原野をはじめ、学校、公園等への早期の造林・緑化を行い、健全で魅力ある森林・緑地を形成する必要があります。
森林所有者(地権者)及び学校、地域を代表する皆様にはこのような状況にご理解を頂き、造林事業補助制度及び緑の募金を活用した造林・緑化をお願い致します。

1造林(緑化)事業

(1)面積要件:500平方メートル以上。

(2)対象地:地域森林計画対象民有林。
(詳細は県へお問い合わせ下さい。)

(3)植栽樹種:サクラ、センダン、イヌマキ、ヤマモモ、その他樹種。
(適地適木等を基準に決定)

(4)補助率:70%~90%

(5)補助対象:苗木(種子)代、地拵え費、植付費等。
植栽後10年間保育に用する補助制度があります。

(6)手続き:市町村森林整備事業計画の策定・変更
(詳細は、県・造林地所在市町村へお問い合わせ下
さい。)

2緑の募金事業

(1)面積要件:特に定めはありません。

(2)対象地:学校、公園等公共施設。

(3)植栽樹種:特に定めはありません。

(4)補助率:特に定めはありません。

(5)補助対象:苗木(種子)代等緑化に必要な資材費。(植え付け等
の費用は含まれません。)ボランティアによる活動。

(6)手続き:所定の様式にて申請。

(7)その他:事業実施箇所には、緑の募金交付金事業である旨表
示(看板設置)すること。


お問い合わせ

沖縄県南部林業事務所TEL098-941-2583

沖縄県緑化推進委員会TEL098-987-1644(緑の募金事業に関すること) 


  modoru

 

お問い合わせ

農林水産部南部林業事務所(代表)

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎5階

電話番号:098-941-2583

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?