• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2015年7月6日

寄生虫・原虫



寄生虫:寄生虫性疾病の発病機構、診断・予防に関する調査研究

牧野に生息し牛に寄生するダニの生理生態を解明し、効率的な駆除法の開発と臨床的診断法の改良を行っている。本研究の進展により1995年までに八重山地域から法定伝染病媒介のオウシマダニが撲滅された。

放牧場での子牛の寄生虫調査とオウシマダニの産卵

 

 

原虫:原虫性疾病の発病機構、診断・予防に関する調査研究

ダニが媒介する沖縄特有の法定伝染病の牛ピロプラズマ病およびアナプラズマ病の浸潤状況の調査、感染経路の解明および防除技術の確立。

法定伝染病の牛ピロプラズマの病原体

 

 

お問い合わせ

農林水産部家畜衛生試験場(代表)

〒900-0024 沖縄県那覇市古波蔵1-24-29

電話番号:098-832-1515

FAX番号:098-853-7376

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?