• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

犯罪被害者等支援

「犯罪被害者支援を考える県民の集い」の開催について

警察庁では、毎年11月25日から12月1日までを「犯罪被害者週間」と定めており、当該週間にあわせて、啓発事業を

集中的に実施しています。

沖縄県においても、犯罪被害者等に対する理解と協力、社会全体で被害者等を支える意識の醸成を図るため、沖縄

県警察、(公社)沖縄被害者支援ゆいセンターとの共催により「犯罪被害者支援を考える県民の集い」を下記のとおり

開催します。

日時、場所

  • 平成29年11月26日(日曜日) 午後2時から午後4時
  • かでな文化センター(嘉手納町字嘉手納588番地) (入場無料)

     ※駐車場に限りがありますので、公共交通機関を御利用ください。

内容

  • 「命の大切さを学ぶ教室作文コンクール」表彰式
  • 犯罪被害者遺族による講演

            演題      『最愛の娘の生命(いのち)を奪われて~被害者遺族の心情~』

      講師      山内 久子 氏

              秋田看護福祉大学看護福祉学部 教授

               (公社)あおもり被害者支援センター 理事

     講演内容   1995年10月、当時大学3年生であった長女が同じ大学の男子学生にストーカー行為を受け、殺害される。

              事件後の新聞報道等による二次被害、遺族を支えてくれた被害者の友人等、事件当時の心情について

              講演し、「命の大切さ」を呼びかける。

  • アトラクション  沖縄県警察音楽隊、シンガーソングライター いのりさんによる演奏。 

   県民の集いチラシ(PDF:1,242KB)

沖縄県犯罪被害者支援総合窓口

一人で悩まないで!

どこに相談したら良いか分からずに困っていませんか?

沖縄県犯罪被害者等支援総合窓口とは?

犯罪等により被害を受けられた方やそのご家族またはご遺族の方々が、直面する困りごと、悩みなどについて、支援策の情報提供や関係機関をご案内できる体制となっております。

個人の秘密は固くお守りしますので、安心してお問い合わせください。

直通電話番号 098-866-4115

相談日 月曜日~金曜日(祝日を除く)

相談時間 8時30分~17時15分(12時00分~13時00分を除く)

犯罪被害者等支援総合窓口リーフレット(PDF:627KB)

犯罪被害者等基本法(外部サイトへリンク)

犯罪被害者等基本計画(外部サイトへリンク)

犯罪被害者白書(外部サイトへリンク)

関係機関支援・相談窓口

沖縄県警察本部警務部警務課被害者支援室

<支援内容>

  • 犯罪被害者への情報提供
  • 被害者等カウンセリングの実施(実施要件あり)
  • 犯罪被害給付制度  など
<連絡先>
最寄りの警察署

公益社団法人沖縄被害者支援ゆいセンター
<支援内容>
  • 電話相談、面接相談
  • 病院や裁判所への付き添い
  • 被害者支援活動に関する広報啓発活動 など
<連絡先>
098-866-7830
(毎週月~金曜日・午前10時~午後4時(祝日・年末年始を除く)

「ブック・DE・サポート」について

県内で唯一、犯罪被害者等早期援助団体に指定されている「公益社団法人 沖縄被害者支援ゆいセンター」への寄付の一つの方法として、県内において古書買取業「BOOK OFF」を経営する株式会社アミカスとゆいセンターは「ブック・DE・サポート」に関する協定を締結しました。

「ブック・DE・サポート」とは

「ブック・DE・サポート」とは、古書買取業者「BOOK OFF」を通じて、古書で「ゆいセンター」に寄付をする制度です。

県内の「BOOK OFF」各店に古書を持ち込み、査定の際に、「被害者支援でお願いします」と申し出ると、その買取金額が「ゆいセンター」に寄付されます。

買取額は、古書の買取を依頼した方ではなく、「BOOK OFF」を通じて、「ゆいセンター」に送られます。

つまり、「ゆいセンター」に寄付をしようとする方は、現金ではなくて古書で寄付することになります。

県内各「BOOK OFF」で受け付けておりますので、是非、ご活用ください。

ご不明な点がございましたら、

  • 沖縄県警察本部被害者支援室 098-862-0110
  • 沖縄県子ども生活福祉部消費・くらし安全課 098-866-2187  まで、御連絡ください。

ブック・DE・サポート(PDF:610KB)

寄付第一号は、沖縄県警察本部警備部機動隊

「ブック・DE・サポート」を利用した寄付の第一号は、沖縄県警察本部警備部機動隊でした。

機動隊長以下全機動隊員から約2,700冊の書籍が集まり、「ブック・DE・サポート」として、「BOOK OFF」に依頼したところ、約75,000円と査定されて、全額が「BOOK OFF」を通じて、「ゆいセンター」に寄付されました。

「ゆいセンター」の活動について

「ゆいセンター」は、犯罪の被害に遭われた方、交通事故に遭われた方、またはその遺族への心のケア、付添支援や自助グループ支援等を行っています。

支援に際しての経費については、賛助会費と寄付で賄っております。

活動の詳細については、「ゆいセンターホームページ(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

犯罪被害者等支援シンボルマークの愛称

犯罪被害者等支援シンボルマーク(内閣府)犯罪被害者等支援シンボルマーク「ギュっとちゃん」

上記シンボルマークは、犯罪被害者等のための支援を身近なこととして知っていただくための取組に活用するため、平成22年に生まれました。

これまで、名前がなかったのですが、公募により、愛称「ギュっとちゃん」に決定しました。

平成25年度犯罪被害者等支援研修会の開催結果について

県及び市町村の犯罪被害者等支援担当者等を対象に、

  • 犯罪被害者等の支援を行う意義及び必要性の認識・理解を深める
  • 犯罪被害者支援施策の総合的な推進や相談・情報提供等に必要となる基礎的知識等を取得する

ことを目的とする犯罪被害者等支援研修会を開催しました。

平成25年度研修会

開催日時:平成25年6月20日 午後2時から午後4時

開催場所:県庁4階 第2・第2会議室

 

研修会では、

  • 県警察本部被害者支援室の島田室長による「警察における被害者支援について」
  • 沖縄犯罪被害者支援ゆいセンターの仲宗根氏、田中支援要員による「被害者支援連携の実例と窓口担当者の留意点について」

と題する講演が行われ、参加した方々は、被害者支援に関する具体的な講義を受けられました。

そして、最後に、

  • 被害者遺族による講演

が行われ、被害を受けられた直後の状況や必要な支援等に関するお話を聞いて、その切実な思いを直接感じ、被害者支援の重要性と必要性を改めて、認識することができました。

<関係機関>

内閣府犯罪被害者等施策推進室(外部サイトへリンク)

沖縄県警察本部(外部サイトへリンク)

検察庁(外部サイトへリンク)

裁判所(外部サイトへリンク)

保護観察所(外部サイトへリンク)

(公社)沖縄被害者支援ゆいセンター(外部サイトへリンク)

法テラス(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部消費・くらし安全課交通安全市民活動班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2187

FAX番号:098-866-2789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?