• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年1月6日

身体障害者手帳

1.身体障害者手帳の交付について

(1)知事の指定する医師を受診し、診断書及び意見書の交付を受けてください。
※指定医の確認は市町村の申請窓口、又は「身体障害者福祉法第15条第1項の規定による医師名簿」で確認できます。※平成25年4月1日から那覇市が中核市に移行することにより、那覇市内の医療機関に勤務している医師については、平成25年4月以降から那覇市で手続きを行うこととなります。那覇市指定医名簿 はこちら(外部サイトへリンク)

(2)お住まいの市町村障害福祉担当窓口に次の書類を提出してください。
ア.身体障害者手帳交付申請書(PDF:35KB)1通

イ.指定医師の診断書1通 ※診断書様式集 ◎申請から3ヶ月以内に作成されたもの

ウ.写真(たて4cm×よこ3cm) ◎脱帽、上半身正面(開眼)、原則1年以内に撮影したもの

(3)15歳未満の方については保護者の方が代わって申請してください。


手帳交付までの流れ  

 

※身体障害者手帳取得後の諸手続きについてはこちら 

2.個人情報提供申し出について

障害基礎年金の診断書作成の際などに、当所で保管している身体障害者手帳申請時の意見書の写しを交付できる場合があります。ご希望される場合は、次の必要書類をご準備のうえ申請してください。遠方の場合は郵送での申請も可能です。

(1)個人情報提供申出書(PDF:250KB)(PDF:61KB)

(2)【申請者が本人の場合】  

ア.本人確認書類1通(身障手帳、療育手帳、運転免許証、パスポートなど) 

郵送の場合は、本人確認書類が2種類必要(コピーを添付してください。) 

  【申請者が本人以外の場合】    

ア.申請者の本人確認書類1通(上記参照)

郵送の場合は、本人確認書類が2種類必要(コピーを添付してください。)  

イ.申請者と本人の関係を証明する書類(後見人等→登記証、裁判所からの決定通知書など)   

 (親族→戸籍謄本、住民票謄本など)

(3)郵送の場合は、82円切手を貼付した返信用封筒を同封

 

本人以外に以下の方からの申し出が可能です。

  • 法廷代理人:(未)成年後見人、保佐人、補助人、不在者財産管理人、相続財産管理人
  • 本人から同意を得た方(下記の場合を除く)
  • 本人が合理的判断をなし得ない場合には実質的に本人の世話をしている親族またはそれに準ずる方

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部身体障害者更生相談所相談判定班

〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4-385-1

電話番号:098-886-2115

FAX番号:098-886-7990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?