• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 生活福祉 > 事業概要・制度概要 > 生活保護 > 生活保護・生活困窮に関すること(八重山圏域)

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

生活保護・生活困窮に関すること(八重山圏域)

生活保護とは

私たちの一生の間には、いろいろな事情で生活に困ってしまうことがあります。世帯の収入が国の定める基準以下のとき、状況に応じて「健康で文化的な最低限度の生活」ができるように、その足りないところを補い、一日も早く自分の力や他の方法で生活できるよう手助けする制度です。

利用できる資産(預貯金、不動産、積立型保険等)、能力等を活用し、あらゆる手段を尽くしても、それでも生活の目途が立たないときに、初めて適用されます。

保護には、生活・住宅・教育・医療・介護・出産・生業・葬祭の8種類があり、必要に応じて扶助を受けることができます。

生活保護を申請したら・・・

  1. 申請に基づいて、必要な調査を行い、申請があった日から原則として14日以内に保護が必要かどうかを決定します。(ただし、調査に時間を要する等の場合、これを延長する場合があります)
  2. 保護を受けることができるかどうかは、活用可能な資産等の調査に加え、国の定める基準に基づいて算出した「最低生活費」と世帯の収入とを比べて判断します。世帯の収入が「最低生活費」よりも少ない場合には、その差額を保護費として支給します。

収入認定

相談窓口

竹富町・与那国町在住の方

八重山福祉事務所福祉班(平日午前8時30分から午後5時15分まで。土・日・祝祭日は休み。)
石垣市字真栄里438-1(合同庁舎1階)
電話:0980-82-2330

石垣市在住の方

石垣市福祉部福祉総務課
沖縄県石垣市美崎町14番地
電話:0980-82-5045

詳しくはこちらをご覧ください

生活保護のしおり(PDF:534KB)

 

生活困窮者自立支援制度について

生活困窮者自立支援制度とは、生活困窮者自立支援法に基づき、平成27年4月よりスタートした制度です。
生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずは相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

詳しくは、厚生労働省ホームページ「制度の紹介(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

対象者

竹富町・与那国町に住民登録のある方で、生活上の困りごとを抱えている方はまずご相談ください。
石垣市に住民登録のある方は「石垣市役所福祉総務課」が相談窓口です。
また、一定の資産収入に関する要件を満たしている方が対象です。

相談窓口

竹富町・与那国町在住の方

八重山福祉事務所福祉班(平日午前8時30分から午後5時15分まで。土・日・祝祭日は休み。)
石垣市字真栄里438-1(合同庁舎1階)
電話:0980-82-2330

沖縄県就職・生活支援パーソナルサポートセンター南部(平日午前9時00分から午後4時00分まで。土・日・祝祭日は休み。)
南風原町字与那覇115-1カマドハウス1階
電話:098-851-7105

石垣市在住の方

石垣市福祉部福祉総務課
沖縄県石垣市美崎町14番地
電話:0980-82-5045

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部八重山福祉事務所福祉班

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1

電話番号:0980-82-2330

FAX番号:0980-83-5949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?