• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > 統計・データ・その他刊行物等 > 平成14-16年度 リーフチェック推進事業の調査結果について

ここから本文です。

更新日:2015年9月28日

平成14-16年度 リーフチェック推進事業の調査結果について

平成14-16年度に行いましたリーフチェック推進事業の調査結果をとりまとめました。
今後、宮古、八重山海域の調査結果もまとまり次第更新します。

健全なサンゴ礁

 

健全なサンゴ礁(八重山海域)

リーフチェック推進事業について


リーフチェック推進事業は、サンゴの生息状況及びオニヒトデの発生状況を広域的に把握し、効果的なオニヒトデ対策を検討するための基礎データの収集を目的として実施しています。
これまで、オニヒトデの発生状況は統一的な手法がなかったことから、観察者の主観により「多い」「少ない」と評価されたものが多くありましたが、オニヒトデ対策会議において、オニヒトデの生息状況を把握するための統一的な手法として、「オニヒトデ簡易調査マニュアル」を策定しました。
本事業は同マニュアルに基づいて実施し、観察結果をとりまとめています。

※詳しい調査結果は自然保護課までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課自然保護班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?