• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2013年1月4日

遊泳用プールに関すること

プールの種類

プールには「競技用」「レジャー用」「レクリエーション用」「教育用」「医療用」等、様々な利用形態があります。

これらのプールの衛生管理については以下の法律等により規制されています。

1.学校教育法第1条に規定する学校(国公立・私立の小中高等学校等)に設置されているプール

  • 学校保健安全法による衛生管理

プールの設置者は施設利用者の安全及び衛生確保のために適切な管理を心がけて下さい。

プールの安全確保について

近年、排(環)水口における二重構造の安全対策が不十分であったことに起因する事故が発生しております。
施設基準の適合状況や管理体制の適合状況を確認しましょう。

プールの使用期間前に以下の「プールの安全確保のための自主点検表」を参考に点検しましょう。 

 遊泳用プールの衛生基準(抜粋)

<水質基準>

水素イオン濃度

pH5.8以上 8.6以下
濁度 2度以下
過マンガン酸カリウム 12mg/l 以下
遊離残留塩素濃度 0.4mg/l 以上(1.0mg/l 以下が望ましい)
二酸化炭素濃度 0.1mg/l 以上 0.4mg/l 以下
亜塩素酸濃度 1.2mg/l 以下
大腸菌 不検出
一般細菌 200CFU/ml 以下

※二酸化炭素濃度・亜塩素酸濃度は、塩素消毒の代わりに二酸化炭素で消毒を行う場合の基準

水質検査の結果が不適合の場合

プールの管理責任者・衛生管理者は以下の点に注意して対処して下さい。

  • 原因の追求と対策(監視員等からの聞き取り調査や、プール日誌・設備の管理記録等の点検)
  • プール設備(循環ろ過器、自動塩素注入器等)の点検・整備
  • プール水の入れ替え、プールの清掃、薬剤投入等必要に応じて対応
  • 大腸菌が検出された場合は速やかに遊離残留塩素濃度を測定 

レジオネラ症対策

気泡浴槽やその他エアロゾルを発生させやすい設備は、レジオネラ症の主な感染源になることもあります。

以下の資料を参考に対策を行って下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部生活衛生課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2055

FAX番号:098-866-2723

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?