• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > ペット・動物 > 告知・啓発事項 > ハブに気をつけよう!!

ここから本文です。

更新日:2017年3月6日

ハブに気をつけよう!!

 沖縄県には毒蛇ハブが生息しています。1960年代後半頃は1年間に500人以上の人がハブに咬まれていましたが、現在ではハブ、サキシマハブ、ヒメハブ、タイワンハブの4種類あわせて約100人前後に減少しています。治療法が改善されたため命をおとすことはほとんどなくなりましたが、咬まれたあとに後遺症を残す場合があります。
 沖縄県では、ハブの活動が盛んな5、6月に「ハブ咬症注意報」、そして10、11月を「ハブ咬症防止運動月間」として県民に注意を呼びかけています。

  1. ハブの分布
  2. ハブの生活
  3. もしもヘビにあったら → ハブの見わけ方
  4. ヘビの特徴を覚えましょう
  5. もし咬まれたら
  6. ハブの被害  
  7. みんなでできるハブ対策

 

 ハブ対策 啓発資材

         habudvdyotube(外部サイトへリンク) 

  ※ DVD貸出し対応しています。

    最寄りの保健所又は衛生環境研究所にお問い合わせください。

 

 

     【様式】ハブ類写真等使用申請書(ワード:31KB)

     ※注意
       上記申請書と企画書を提出すること
       申請書に記載した使用目的以外に使用しないこと
       写真を使用するにあたっては『沖縄県衛生環境研究所提供』と記載すること
       原稿の校閲を依頼すること
       使用後はコピー、現物等の提出により報告すること

 

 はぶ抗毒素常備医療機関について

 

 衛環研ニュース掲載情報【ハブ関連】

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部衛生環境研究所衛生生物班

〒904-2241 うるま市字兼箇段17番地1

電話番号:098-987-8223

FAX番号:098-987-8210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?