• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年6月27日

みずクリン具志川

みずクリン具志川外観

げすいどうはかせみずクリン具志川」は「具志川浄化センター」の愛称です。

みずクリン具志川の概要

みずクリン具志川は中城湾流域下水道の処理場で、沖縄本島の東海岸、うるま市の中城湾に面する中城湾新港地区に位置しています。

昭和52年に行われた「金武湾・中城湾流域別下水道整備総合計画調査」を基に昭和58年に「中城湾流域下水道事業計画」に策定され事業着手しました。昭和62年から高級処理の標準活性汚泥法により供用開始をしています。また、処理水の一部を活性炭で高度処理し、浄化センター内のトイレ及び、コイや亀の泳ぐ池で利用しています。

現在、うるま市、沖縄市、北中城村の3市町村から1日に約21,630立方メートルの下水を受け入れています。(平成23年度実績)

施設の紹介

供用開始

昭和62年7月

処理場面積

約9万平方メートル

処理能力

最大2万6,500立方メートル/日

平成23年度水処理状況

項目

高級処理

流入水(汚水)

放流水(処理水)

pH

7.3

6.9

透視度
(度)

3.5

97

SS
(mg/L)

180

1

BOD
(mg/L)

250

2.2

COD
(mg/L)

140

10

大腸菌群数
(個/mL)

510,000

0

BOD、CODは水の汚れを表す指標です。なお、放流水のBOD値はATU-BOD法による測定値です。

処理施設

みずクリン具志川の平面図(PDF:156KB)

<主要施設数>

施設名称

施設数

沈砂池

1池

最初沈殿池

2池

反応槽

6池

最終沈殿池

6池

みずクリン具志川の特色

高度活性炭処理

 

みずクリン具志川では活性炭を利用した下水の高度処理を平成5年度より開始しています。

活性炭処理装置は、二次処理水を活性炭の入った筒に通して、臭いやゴミを取り除き、さらにきれいな水にします。

処理された水は、浄化センター玄関ロビーの池などに利用されており、コイ、亀、ウナギ、グッピー、エビ等が元気に泳いでいます。

活性炭利用

アクセス

具志川浄化センター(みずクリン具志川)

〒904-2234

うるま市州崎1番地

TEL:098-938-8630

FAX:098-982-1310

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部下水道管理事務所庶務班

〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐3-12-1

電話番号:098-898-5988

FAX番号:098-870-2268

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?