• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年6月27日

みずクリン宜野湾

 

みずクリン宜野湾航空写真

みずクリン宜野湾外観

げすいどうはかせみずクリン宜野湾」は「宜野湾浄化センター」の愛称です。

みずクリン宜野湾の概要

みずクリン宜野湾はみずクリン那覇と共に中部流域の処理場です。沖縄本島の人口が集中している西海岸沿いの宜野湾市に位置しており、敷地面積は56,000平方メートル、1日当たりの下水処理能力は約118,000立方メートルです。

現在、浦添市、宜野湾市、沖縄市、北谷町、嘉手納町、北中城村、読谷村の7市町村から1日に約97,590立方メートルの下水を受け入れています。(平成23年度実績)

みずクリン宜野湾の歴史

本土復帰前の昭和39年に米国民政府が策定した「沖縄中南部統合下水道計画」に基づき、昭和41年に伊佐浜下水処理場の建設に着手し、昭和45年に簡易処理方式で供用を開始しています。

本土復帰に伴い昭和48年には「沖縄県中南部流域下水道事業」として建設大臣の許可、昭和51年から標準活性汚泥法による高級処理を開始しました。なお、平成6年には水環境回復部門でいきいき下水道賞を受けました。

施設の紹介

供用開始 昭和45年(1970年)7月
処理場面積 約5万6000平方メートル
処理能力 最大11万8000立方メートル/日

平成23年度水処理状況

項目

高級処理

流入水(汚水)

放流水(処理水)

pH

7.6

7.2

透視度(度)

5.0

98

SS(mg/L)

173

2

BOD(mg/L)

180

5.7

COD(mg/L)

85

12

大腸菌群数(個/mL)

250,000

0

BOD、CODは水の汚れを表す指標です。なお、放流水のBOD値はATU-BOD法による測定値です。

処理施設

みずクリン宜野湾の平面図(PDF:250KB)

<主要施設数>

施設名称 施設数
沈殿池

6池

最初沈殿地

10池

反応槽

10池

最終沈殿地

10池

みずクリン宜野湾の特色

生物脱臭装置

みずクリン宜野湾には平成5年度に導入されたバイオテクノロジー(生物を利用した技術)を使った脱臭システムがあります。発生した悪臭は本装置に集められて、微生物の働きによって悪臭成分の分解が進み、においが無く、害のない空気として外に出されます。

生物脱臭

アクセス

宜野湾浄化センター(みずクリン宜野湾

〒901-2221

宜野湾市伊佐3丁目12番1号

TEL:098-899-2801

FAX:098-870-2267

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部下水道管理事務所庶務班

〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐3-12-1

電話番号:098-898-5988

FAX番号:098-870-2268

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?