• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2014年12月19日

河川海岸班 海岸

(1)管内の海岸整備事業の方針

沖縄県は、「台風銀座」と呼ばれるように、毎年のように数多くの台風が来襲し、波浪・高潮による被害を度々受けるため、海岸域の防護機能を主な目的とした強固な保全施設が築造されてきました。一方で、沿岸の開発や防護施設による海流の変化の影響と考えられる砂浜の喪失が近年になって顕在化しつつあり、これまでの直立護岸のような防護最優先の整備だけではなく、地域の特性・自然景観・利用者・生物に配慮した海岸環境の再整備が求められています。

このような状況の中、本県の海岸整備は、「琉球諸島沿岸海岸保全基本計画」(平成15年4月24日策定)基づき、台風時の高波などから県土を防護しつつ、生態系や景観、バリヤフリー等に配慮した美しく魅力ある沖縄らしい海岸としていくことを基本としています。

管内の海岸においても、高潮対策事業として高潮、津波、波浪等による被害が発生する恐れのある地域の護岸の新設・改良を行うだけでなく、面的防護方式による海浜、離岸堤等を配置し、海辺へのアクセスや景観、眺望、環境にも優れた質の高い海岸整備を取り組んでいます。

琉球諸島沿岸の海岸保全基本計画

海岸(河川局所管)

嘉陽海岸 高潮対策事業 (名護市嘉陽区)

事業概要
護岸延長 530m
事業年度 平成22年度~平成26年度
全体事業費 370百万円
進歩率 62%(H26.3現在)

嘉陽海岸は、沖縄本島北部名護市の北東の太平洋側に位置し、海岸沿いには国道331号線が縦断し、その背後に嘉陽集落が形成されている。現状の海岸保全施設は、護岸前面には砂浜が形成され、ほとんどの区間で護岸が砂に埋まっている状況である。さらに、近年の大型台風等による高潮・波浪時には既設護岸を越波し、背後の国道や住宅地に海水が流れ込み浸水や堆砂の被害が生じている。一方、当海岸では毎年ウミガメが産卵のために上陸したり前面海域の藻場ではジュゴンの食跡が確認されている。

このような状況から生態系や自然景観など周辺の自然環境に配慮し、浸水・飛砂被害を防止するため海岸保全施設の整備を実施し、背後地の保全を図る。

嘉陽海岸
嘉陽海岸の景観

海岸(港湾局所管)

仲田港海岸 高潮対策事業

事業概要
護岸延長 644m
突堤 2基
陸こう 1基
事業年度 平成24年度~平成26年度
全体事業費 422百万円
進歩率 58%(H26.3現在)

当海岸は、伊是名村の仲田港に位置しており、背後には仲田集落の民家、公共施設等があります。既設護岸は、天端高が不足し、老朽化も進行しており、台風時の高潮、高波による越波被害が発生していることから、高潮、高波に対する防護機能を高めるため、護岸、離岸堤等の整備を行っています。

整備前の仲田港海岸

整備後の仲田港海岸イメージ

 

お問い合わせ

土木建築部北部土木事務所河川海岸班

〒905-0015 沖縄県名護市大南1-13-11 沖縄県北部合同庁舎2階、3階

電話番号:0980-53-1718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?