• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 広聴 > ハイサイ!翁長やいびん > 知事応接室の屏風について

ハイサイ!翁長やいびん

ここから本文です。

更新日:2013年12月23日

知事応接室の屏風について

第1知事応接室の屏風(写真をクリックすると拡大します)

(JPG:147KB)
屏風の漢文は1978年6月に国指定の重要文化財に指定され、県立博物館・美術館に展示されている「万国津梁の鐘」に彫り込まれている漢文で、15世紀頃尚泰久王が造らせ、首里城正殿にかけられていたものです。※ 屏風を書いた人:茅原南龍(ちはら なんりゅう)

屏風の意味

琉球王国は、南海のすばらしい地であり、中国・朝鮮国、日本の各国と親密な関係を持ち、これらの国の中間に位置する大地から出現したあこがれの島である。船で各国へ渡り、万国の架け橋となり異国の産物や貴重な品々は、国中に満ちあふれ土地がらも人々の心も遠く日本や中国のすぐれた徳の教化をまねく。>万国津梁の鐘の漢文

問い合せ先

知事公室 秘書課

TEL:098-866-2080

お問い合わせ

知事公室秘書課総務班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟6階(北側)

電話番号:098-866-2080

FAX番号:098-860-1453

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?