• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 機器・設備 > 平成31年度(令和元年度)整備機器

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

平成31年度(令和元年度)公益財団法人JKAの補助事業による導入機器の紹介

平成31年度(令和元年度)の公益財団法人JKAの補助事業を活用して、「三次元測定機一式」を導入しました。

jkalogo_s

 三次元測定機一式

 三次元測定機とは、形状を三次元座標で立体的にとらえて測定し、得られた情報を組み合わせることで幾何公差など様々な評価が行える機器です。高精度かつ高効率に信頼性の高い測定値が得られるほか、従来は測定が困難であった形状の検査も可能となります。本装置は接触式と非接触式のどちらでも測定が行えます。

 

  • 主な仕様
メーカー ㈱ミツトヨ
型 式 CRYSTA-Apex V 9106
測定範囲 X900×Y1000×Z600 mm ※1
本体測定精度 E0,EMP=1.7+3L/1000 μm ※2
スキャニング精度(接触式) MPETHP=2.3 μm 
スキャニング精度(非接触式) 1.8 μm 

※1 プローブチェンジャー未取付の場合

※2 L=任意測定長(mm)

 

 三次元測定機 外観

 三次元測定機一式 外観

  

お問い合わせ

商工労働部工業技術センター(代表)

〒904-2234 沖縄県うるま市州崎12-2

電話番号:098-929-0111

FAX番号:098-929-0115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?