• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 森林資源研究センター > 「令和元年度海岸防災林の効果向上技術開発業務」の企画提案の募集について

ここから本文です。

更新日:2019年5月14日

「令和元年度海岸防災林の効果向上技術開発業務」の企画提案の募集について

以下のとおり公告する。

令和元年5月13日

業務名 

「令和元年度海岸防災林の効果向上技術開発業務」 

実施内容

   海岸防災林は、潮風害、高潮浸水等に対する災害防止機能を有しており、居住地や農地などの農林水産業の生産基盤を広域的に災害から保全し、農林水産業振興や地域の生活環境の保全に重要な役割を果たしています。特に、本県は、周囲を海に囲まれ、常に海風にさらされる環境にあり、台風常習地帯でもあるため、強風や潮風による被害を受けやすく、より防災効果の高い海岸防災林の整備と維持・管理が求められています。
 しかし、これまでに整備された海岸防災林について、防災機能という点で評価されたことがありません。さらに、沖縄では多様性が豊かで、森林の立地、構成樹種や気象等による影響が強いと考えられますが、それに関する情報が不足しています。そのため、海岸防災林における機能の高度発揮について評価するためには、全タイプの森林を対象とした機能性の検討を行ったうえで、総合的に評価する必要があります。
 一方、日本国内では、東北大震災以降に海岸防災林の存在が見直され、防災林の災害防止機能について高性能シミュレーション解析を活用した研究が盛んに行われていますが、気象、立地条件や樹種が異なることなどから、これらの研究例を沖縄県に適応することは困難です。そこで、沖縄の海岸防災林に対応した現地調査に基づくシミュレーション解析を実施し、得られた評価手法を県内の海岸防災林の機能評価に利用可能にする必要があります。
 本事業では、県内の海岸防災林の機能を総合的に評価し、個々の海岸防災林に適したモデルを提案するための多様な現地調査に基づくシミュレーション解析を行って、海岸防風林の効果向上技術を開発することを目的としています。
 事業期間は、令和元年度から令和3年度までの3カ年とし、令和元年度においては、技術開発に必要な研究企画と新たな試験地の選定・設置、調査研究の実施を行います。
  ついては、本業務を実施する委託先を選考する企画提案を募集します。

2.募集期限

 (1)技術等提案書意思表明書の提出:令和元年5月22日(水)12:00まで 
 (2)企画提案書等の提出:令和元年6月7日(金)15:00まで

3.業務内容説明会

 (1)日時:令和元年5月17日(金)14:30~15:00
 (2)場所:沖縄県森林資源研究センター内会議室

4. 質問への回答

 本件に関する質問及び回答を下記のとおり掲載します。
    「質疑応答」(現在ありません)

5. 関連資料

 「企画提案募集要領」(PDF:141KB) 

「応募申請書類等様式集」(ワード:75KB)

「令和元年度海岸防災林の効果向上技術開発業務仕様書」(PDF:116KB)

 

 問合せ及び提出先

 沖縄県森林資源研究センター企画管理班 (担当:新垣、漢那)
    〒905-0012
    沖縄県名護市名護4605-5
    TEL:0980-52-2091  FAX:0980-53-3305
    E-mail:xx049420@pref.okinawa.lg.jp 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部森林資源研究センター(代表)

〒905-0012 沖縄県名護市名護4605-5

電話番号:0980-52-2091

FAX番号:0980-53-3305

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?