• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2020年8月28日

畜産経営に関する排水基準について

 水質汚濁防止法により、特定事業場(特定施設を有する事業場)から公共用水域(河川、湖沼、港湾、沿岸海域等)へ排水する場合、排水基準値の遵守や、排水の水質測定・記録・保存が義務付けられています。

 畜産業の場合、以下に示す施設が特定事業場に該当します。

  • 総面積 50平方メートル 以上の豚房
  • 総面積 200平方メートル 以上の牛房
  • 総面積 500平方メートル 以上の馬房

 

詳細は、以下の関連リンクをご参照ください。(農林水産省より。別ウィンドウが開きます)

 ・畜産経営に関する排水基準について(外部サイトへリンク)

 ・畜産農業には、水質汚濁防止法に基づき排水規制が適用されています(PDF:345KB)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部北部農林水産振興センター家畜保健衛生課(代表)

〒905-0012 沖縄県名護市名護4606-4

電話番号:0980-52-2939

FAX番号:0980-53-3311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?