• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 消費生活 > 告知・啓発等 > 注意喚起情報 > 「体験教室の後に軽い気持ちで入会」後が大変!

ここから本文です。

更新日:2018年6月8日

「体験教室の後に軽い気持ちで入会」後が大変!

  「チラシで運動教室(ジムなど)の体験教室に関するお知らせがあったので参加した。体験教室終了後に『入会しませんか。』と声をかけられ、入会申込書にサインし入会金を支払ったが、帰宅後に運動メニューが体に合わなかったのか体調不良になり(又は契約書を確認したら月謝が高いことに気づき)、すぐに解約の申し入れを行ったら『違約金が発生する。』と言われた。まだ受講もしていないのに違約金を取られるのは納得いかない。」との相談があります。

 一部の運動教室には、契約書の退会時の規定で違約金が発生する場合があります。

 そのようなトラブルにならないよう、入会の申込みの際に、①入会金、②月謝、③契約コースのメニュー、④退会時の規定など、しっかりと説明を受け、ご自身も書面を確認した上で契約するようにしましょう。

 運動教室との契約でお困りの方は、最寄りの消費生活センターへご相談ください。


消費生活センタートップに戻る

お問い合わせ

子ども生活福祉部消費生活センター(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟1階(北側)

電話番号:098-863-9212

FAX番号:098-863-9215

※ 消費生活に関するご相談は、センター相談室(電話098-863-9214)にお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?