• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 自然保護課 > 第12次鳥獣保護管理事業計画について

ここから本文です。

更新日:2019年3月26日

第12次鳥獣保護管理事業計画について

1 鳥獣保護管理事業計画とは

 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)に基づき、環境大臣が定める基本指針に即して、都道府県知事が定める計画であり、鳥獣保護区の指定に関する方針や捕獲等の許可に関する事項等、鳥獣保護管理についての基本的な考え方を定めております。

2 沖縄県第12次鳥獣保護管理事業計画について

 県は、平成29年度以降の計画について、平成28年10月5日に告示された環境省の指針に則し、本県の鳥獣保護管理行政の実施に関する沖縄県第12次鳥獣保護管理事業計画を定めました。

 平成29年3月の計画策定後、慶良間諸島における外来イノシシの問題が顕在化してきたことに伴い、県は鳥獣保護管理法に基づき、イノシシ対策を実施するための「第二種特定鳥獣管理計画」を策定するため、平成31年3月に計画の改定を行いました。

3 第二種特定鳥獣管理計画について

 鳥獣保護管理法では、生息数が著しく増加し、またはその生息地の範囲が拡大している鳥獣(希少種を除く)がある場合において、当該鳥獣の管理を図るために特に必要があると認めるときは、当該鳥獣の管理に関する計画を定めることができるとされています。

 渡嘉敷村において、慶良間諸島では本来生息していない「二ホンイノシシ」が分布を拡大し、農作物被害だけでなく、ウミガメの卵を捕食する状況が確認されており、生態系等へ与える影響が広がっています。また、海を泳いで座間味村にも分布を拡大していることから、県はイノシシの分布拡大を防ぎ、対策を実施するための管理計画として、「第二種特定鳥獣管理計画(イノシシ)」を定めました。

 今後、この管理計画に基づく「指定管理鳥獣捕獲等事業」などの実施により、イノシシを排除し、本来イノシシの生息していない慶良間諸島の環境を回復することを目標としています。

4 指定管理鳥獣捕獲等事業について

 全国的に二ホンジカやイノシシによる生態系被害、農作物被害の広がりを受け、環境省は平成27年度に新たな補助制度を創設し、都道府県等が実施する「指定管理鳥獣捕獲等事業」への支援を行っています。現在、環境大臣の定める指定管理鳥獣は「二ホンジカ」と「イノシシ」が指定されており、全国的にも対策の取り組みが行われています。

 沖縄県では、慶良間諸島におけるイノシシの対策を行うため、平成31年度から捕獲等の事業を開始することとしており、事業を実施するための「指定管理鳥獣捕獲等事業実施計画」を策定し、計画的なイノシシの排除に向けた取り組みを行うこととしています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?