• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 事業概要・制度概要 > 薬物・アルコール依存症ショートケアについて

ここから本文です。

更新日:2021年9月16日

薬物・アルコール依存症ショートケアについて(今年度中止)

お知らせ

  • 令和3年度後期(10月~3月)の薬物・アルコール依存症ショートケアは新型コロナウイルス感染症の蔓延と事務所の大規模な改修工事を行っているため中止といたします。

薬物・アルコール依存症ショートケア

  目 的:アルコール健康障害や薬物(大麻、覚せい剤、市販薬、処方薬等)依存を抱える方が、ショートケアへの参加を通して、健康の回復や社会参加、生活の質の向上を図ること。

  内 容:認知行動療法(SMARPP)90分、作業療法(陶芸、革細工、ヨーガ)60分

  対象者:薬物あるいはアルコール依存症と診断された方。おおむね18歳以上。

  日 時:毎週木曜日 9:30~12:30 

  場 所:当センター 1階デイルーム

  参加費:医療保険、自立支援医療(精神通院)を適用する。

  参加方法:主治医の意見書(様式2)、及び通所申請書(様式1)を当センターへ郵送または提出する。 

          *精神科主治医のいらっしゃらない方はご相談に応じます。

    ※詳細については、当センター相談指導班までお気軽にお問い合わせください。

【参加者の声】 ショートケアを利用した方々からのメッセージをご紹介します。

〇自分自身と向き合い、過去の自分を受け止め、明るく過ごしていこうという気持ちになれた。

〇正しい知識を学び、同じ悩みを持つ方と交流すると、自分ひとりじゃないと思えた。

〇一言で依存症といっても人によって症状は異なり、その対処法も複雑だと思う。このショートケアは様々な人(利用者、スタッフ)が集い、自分を見つめ直してどうするのがいいかを考えられる有用な場だと思う。

〇皆で色々と学べるところです。酒をやめると色々と楽しいことがあることに気付いた。

〇参加することに意味がある。参加することで、気持ちが明るくなった。

〇スリップが減った。生活リズムも少し良くなった。

〇1日の過ごし方の見直しや、自分の飲酒につながる行動パターンが少しずつ理解できるようになった。  

 


 

申込み様式集

                                                                             

 


 

 ※詳細については、当センター相談指導班へお問い合わせください。

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部総合精神保健福祉センター(代表)

〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町字宮平212-3

電話番号:098-888-1443

FAX番号:098-888-1710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?