• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 令和元年度沖縄県准看護師試験実施要領

ここから本文です。

更新日:2019年9月20日

令和元年度沖縄県准看護師試験実施要領

1 試験期日

令和2年2月14日(金)   13時00分~16時00分
    着席時間        13時00分   
    オリエンテーション     13時10分~13時30分
    試験                          13時30分~16時00分(150分)

2 試験場所

 沖縄県立看護大学「体育館」   沖縄県那覇市与儀1丁目24番1号

3 試験科目及び試験方法

(1)試験科目     
      人体の仕組みと働き、食生活と栄養、薬物と看護、疾病の成り立ち、     
      感染と予防、看護と倫理、患者の心理、保健医療福祉の仕組み、看護と法律、基礎看護、成人看護、老年看護、母子看護、精神看護

(2)試験方法
      四肢択一式による筆記試験

4 受 験 資 格

次のいずれかに該当する者
(1)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において2年の看護に関する学科を修めた者(令和2年3月までに修業する見込みの者を含む。)
(2)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に従い、都道府県知事の指定した准看護師養成所を卒業した者(令和2年3月までに卒業する見込みの者を含む。)
(3)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者(令和2年3月までに修業する見込みの者を含む。)
(4)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者(令和2年3月までに修業する見込みの者を含む。)
(5)文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、都道府県知事の指定した看護師養成所を卒業した者(令和2年3月までに卒業する見込みの者を含む。)
(6)外国の看護師学校を卒業し、又は外国において看護師免許を得た者で、厚生労働大臣が(3)から(5)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者
(7)外国の看護師学校を卒業し、又は外国において看護師免許を得た者のうち、⑹に該当しない者で、都道府県知事が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者
(8)沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律(昭和46年法律第129号)第102条第1項に該当する者(臨時准看護婦養成所又は厚生労働大臣が指定するこれに準ずる准看護婦の養成所を卒業した者)

※(6)の資格にて受験する場合は、受験資格認定書の確認が必要となります。詳しくは保健医療総務課までお問い合わせください。

5 受 験 手 続

(1)受験願書請求先
      沖縄県保健医療部保健医療総務課(以下「保健医療総務課」とする。)
      住 所:〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号 
      電 話:098-866-2169   
      請求期間:令和元年10月18日(金)から11月21日(木)
*直接受取りの場合は、県庁4階保健医療総務課にて配布。(土曜日、日曜日及び祝日を除く、8時30分~17時15分)
*受験願書の配布は、定員に達し次第締め切りとさせていただきますので、郵便等で請求する場合は、事前に電話にて予約をしてください。
*受験願書等を郵便で請求する場合は、宛先を明記し120円切手(一括請求の場合は必要相当額)を貼付した角形2号の返信用封筒(縦33.2㎝×横24.0㎝)を同封すること。
注意:封筒の表面に「准看護師試験実施要領及び受験願書請求」と朱書きで明記してください。 郵送の場合は11月21日(木)の消印まで有効とする。

(2)受験願書受付期間
      受付期間:令和2年1月6日(月)から1月10日(金)
*直接持参の場合は、県庁4階保健医療総務課にて受付。(土曜日、日曜日及び祝日を除く、8時30分~17時15分)
*郵送の場合は、封筒の表面に「准看護師試験申込書在中」と朱書きし、郵便書留で送ること。1月10日(金)の消印まで有効とする。

(3)提出書類
 ①  准看護師試験受験願書(第12号様式)を使用すること。
 ② 受験票には必要事項を記入し、写真を貼付すること(写真:正面脱帽・上半身の名刺型縦6㎝×横4㎝、出願前6ヶ月以内に撮影したもの)
 ③ 長形3号(120×235)の返信用封筒に氏名、住所(受験票を確実に受け取ることができる場所)を記載し、受験票の郵送に必要な404円切手を貼付すること。 一括申し込みの場合は、返信用封筒に氏名、住所を明記し、受験票の郵送に必要な額の切手を貼付すること。
 ④ 受験資格を証する書類(修業又は卒業証明書、修業見込又は卒業見込証明書、臨時准看護婦養成所の修了者は修了証明書)
*受験票は切り離さないこと(切り離すと無効)
*准看護師試験実施要領に添付されている診断書の用紙は、免許申請時に必要な書類であり、受験願書提出時には不要

(4)受験手数料    6,900円
      沖縄県内の銀行で購入することができる沖縄県収入証紙6,900円分を受験願書の貼付欄に貼り付けること。(沖縄県外から、郵便により受験願書を提出する受験希望者にあっては、郵便局が発行する定額小為替証書又は、普通為替証書を当該郵便に同封することで代えることが出来る。)

(5)受験願書等の提出先
      受験願書等の請求先に同じ。

(6)受験願書等作成時の注意
      受験願書の氏名は、戸籍簿(日本国籍を有しない者については、在留カード又は住民票)に記載されている文字を使用し、必ずふりがなを付けること。

6 受験票の交付

(1)受験願書を提出した者には、受験票を交付する。(1月下旬に交付予定)
(2)受験票は、試験当日必ず持参すること。

7 合格発表

 ・令和2年3月11日(水) 午前10時(ホームページは、午後1時より掲載)
 ・合格者の受験番号を県庁舎掲示板及び県ホームページ(保健医療総務課)http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/hokeniryo/index.html)に掲示する。電話による問い合わせには応じない。
 ・合格証書を本人に送付する。
 ・合格発表後、合格証書を直接受け取りたい者は、受験票又は合格者本人と確認できるものを提示のうえ、合格証書の交付を受けることができる。ただし、合格証書交付の時間は、合格発表当日の午前10時30分から正午までとし、交付場所は、別途指定する。

8 試験結果の開示について

この試験の結果については、沖縄県個人情報保護条例(平成17年3月31日条例第2号)第26条第1項の規定に基づき、以下の要領で、口頭で開示を請求することができる。
(1)開示の対象とする内容
      総得点
(2)開示請求できる者
     受験者本人
(3)開示期間
    合格発表の日から1ヶ月以内
      (土曜日、日曜日及び祝日を除く、8時30分~17時15分)
(4)開示請求方法
      受験票又は本人確認が可能なもの(運転免許証等)を持参すること
(5)開示方法
      保健医療総務課において口頭で開示する。

9 その他

(1)修業見込又は卒業見込証明書を添付し受験願書を提出した者は、修業又は卒業証明書を令和2年3月9日(月)午後5時までに、保健医療総務課に提出すること。郵送の場合は、3月9日必着の場合のみ有効)
    修業又は卒業証明書の提出がない場合は、当該受験は無効とする。ただし、卒業式の日程上、期限までに提出が困難な場合は、受験日までに保健医療総務課に問い合わせること。
(2)受験願書を受理した後は、受験に関する書類及び受験手数料は返還しない。
(3)受験について不明な点は、保健医療総務課に問い合わせること。

 

お問い合わせ

保健医療部保健医療総務課看護班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2169

FAX番号:098-866-2714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?