• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > ハンセン病問題に関するシンポジウム

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

ハンセン病問題に関するシンポジウム(人権フォーラム2018in沖縄)

12月16日に開催します

 厚生労働省では、ハンセン病に対する偏見・差別を解消し、ハンセン病元患者の名誉回復を図るため、国民に対してハンセン病問題に対する正しい知識の普及啓発として平成16年度から「ハンセン病問題に関するシンポジウム」を開催しいています。

 今年度は以下のとおり、ハンセン病やエイズなどに対する正しい理解をシンポジウムや演劇を通して深め、差別や偏見をなく、すべての人が「共に生きる」、よりよい社会づくりに貢献することを目的として「第18回ハンセン病問題に関するシンポジウム(人権フォーラム2018in沖縄)」を開催します。

 主催:厚生労働省、法務省、沖縄県、全国人権擁護委員連合会

開催概要 

 日時:平成30年12月16日(日)14:00~17:00(会場13:30)

 会場:国立劇場おきなわ 大劇場(沖縄県浦添市勢理客4-14-1)

 参加料:無料

 定員:600名程度。予約不要。

 プログラム:

  (1)オープニング   [合唱] 宮里新一、沖縄県立普天間高等学校合唱部

  (2)主催者代表あいさつ  厚生労働省、沖縄県

  (3)シンポジウム(スーパープレゼンテーション)                                                     

      司会:黒尾 和久(国立重監房資料館部長)

      レポーター:下地凛/平良繁旭/石原沙季/仲里優衣(久松中学校代表)

              金城笑/山床花和/宮城泰希/與那嶺光輝(今帰仁中学校代表)

              上里栄(宮古南静園退所者)

              金城幸子(沖縄愛楽園退所者)

    (4)演劇 「光の扉を開けて」/沖縄の子供たちが演じる感動作

    (5)フィナーレ 大合唱/宮里新一「伝言」     

 

  【別添】リーフレット「ハンセン病問題に関するシンポジウム」(PDF:364KB)

        

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部地域保健課疾病対策班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?