• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 【公募】令和2年度インバウンド医療対応多言語コールセンター事業委託業務に係る企画提案コンペについて

ここから本文です。

更新日:2020年2月21日

   

【公募】令和2年度「インバウンド医療対応多言語コールセンター事業」委託業務に係る企画提案の募集について

   次のとおり企画提案を募集するので、公告する。

   令和2年2月21日

                                                                   沖縄県知事 玉城 康裕  

委託業務名 

 令和2年度「インバウンド医療対応多言語コールセンター事業」委託業務

委託業務期間

 契約締結の日から令和3年3月31日まで

業務の目的 

 外国人観光客の急増に伴い、病気やケガ等で外国人観光客が医療機関を受診する件数が増加している中、患者や家族との意思疎通を図る際の言葉の問題や、医療環境の違いによる医療費の支払いに関連した対応等、訪日外国人患者受入に伴う様々な課題がある。
 沖縄県内を訪れる外国人観光客の安全・安心な滞在を実現するために、訪日外国人患者の受入環境の整備や外国人患者を受け入れる医療機関等の負担軽減を目的とした「インバウンド医療対応多言語コールセンター事業」を実施する。 

参加申込書・企画提案書提出期限

 参加申込書:令和2年2月28 日(金曜日)17 時00 分(※厳守)

 企画提案書:令和2年3月  6日(金曜日)17 時00 分(※厳守)

 応募に係る質問

 企画提案仕様書等に関して疑義がある場合には、質問書[様式8]を記入し、令和2年2月28 日(金曜日)12 時00 分までに、沖縄県文化観光スポーツ部

 観光振興課電子メールアドレス(hokammi@pref.okinawa.lg.jp)あて提出すること。

 なお、質問に対する回答は、令和2年3月4日(水曜日)午後6時00 分までに、本ホームページへの掲載により行う。

留意事項

   本公募は、令和2年度当初予算成立及び沖縄振興特別推進交付金の交付決定を前提としたものであり、予算成立後及び交付決定後に効力を生じる事業である。従って、県議会において当初予算案が否決された場合、国の交付決定がなされなかった場合、または、交付決定額に変更があった場合は、契約の締結を見送ることもある。また、令和2年度当初予算成立後においても、沖縄振興特別推進交付金申請等の手続きの関係上、企画提案採択の結果通知を延期する場合がある。

企画提案応募要領等

企画提案応募要領、企画提案仕様書等については、以下のとおり。

   企画提案応募要領(PDF:210KB)

   企画提案仕様書(PDF:218KB)

   企画提案応募申請書等様式1-7(ワード:23KB)

   質問書様式8(ワード:17KB)

   「Be.Okinawaインバウンド医療通訳コールセンター」実績(令和元年4月~12月分)(PDF:1,418KB)

   「Be.Okinawaインバウンド医療通訳コールセンター」実績(平成30年度)(PDF:105KB)

   外国人観光客向け 急な病気・ケガの電話相談 フロー図(PDF:93KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部観光振興課観光資源班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2764

FAX番号:098-866-2765

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?