ここから本文です。

更新日:2021年12月10日

伊佐上原遺跡群A地点・伊佐上原南遺跡

所在地 宜野湾市伊佐(普天間飛行場内)
事業名 基地内文化財分布調査
時 代 縄文時代 グスク時代 近世・近代
調査機関 令和3年1月~令和3年3月
調査面積 65㎡

1.はじめに
   基地内文化財分布調査は、沖縄県内の米軍
  基地や自衛隊基地の中にどのような遺跡があ
  るのかを把握することが目的で、平成9年度か
  ら実施しています。普天間飛行場内では、現在
  までに106か所の遺跡が確認されています。
   今回の調査は、平成15(2003)年度に
    発見された伊佐上原遺跡群A地点(縄文時代・
    グスク時代)と、令和元(2019)年度に発見さ
    れた伊佐上原南遺跡(近世・近代)について、より正確な範囲と性格を明らかにすることを目的としま
    した。
   発掘調査の結果、各時代の遺構や遺物を確認することができました。


2.調査結果
 (ア)伊佐上原遺跡群A地点
   〇縄文時代
      長さ1m前後の穴が数基検出されました。穴の深さや用途は不明です。また、土器や石器などが
     出土しました。
   〇グスク時代
      直径40cm、深さ15cmほどの穴が1基検出されました。穴の用途は不明です。また、中国
          産陶磁器やカムィヤキなども出土しました。 
 (イ)伊佐上原南遺跡   
   〇近世・近代
      調査区一帯を除草したところ、10センチ前後の石灰岩を雑に積んだ石積みが確認されました。
     この石積みは、1mほどの段差が出来ている部分に積まれていることから、土留めのために造られ
     たようです。
      また、掘り下げを行った結果、直径30センチ前後の穴が数基検出され、中国産や本土産、沖縄産
     の陶磁器などが出土しました。

3.発掘現場の様子
      伊佐上原遺跡群A地点・伊佐上原南遺跡2
     伊佐上原遺跡群A地点・伊佐上原南遺跡3
  伊佐上原遺跡群A地点・伊佐上原南遺跡4 
     伊佐上原遺跡群A地点・伊佐上原南遺跡5
   
4.出土した遺物
伊佐上原南遺跡

 

 

 

 

 

 

 

 

   


 



 

お問い合わせ

沖縄県教育庁埋蔵文化財センター(代表)

〒903-0125 沖縄県中頭郡西原町上原193-7

電話番号:098-835-8751

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?