ここから本文です。

更新日:2021年12月10日

県内出土遺物保存処理

1.事業の目的
 沖縄県立埋蔵文化財センターが発掘調査を行って出土した遺物の中には、金属製品や木製品、石造物
などの時間とともに劣化していく材質のものが含まれます。この事業はこれらの遺物について長期的な
保存や公開等に活用するため、保存処理を行っていく事業です。

2.金属製品の保存処理
 令和2(2020)年度は、中城御殿跡から出土した青銅製の飾り金具類9点の保存処理を実施しました。
いずれも錆の生成や亀裂等により、劣化の進行が見られるため保存処理を行う必要がありました。保存
処理には専用の機材や薬品が必要なため、専門とする業者に委託しました。専門的なクリーニングと化
学的な保存処理を行ったことで、劣化への耐久性が増し、長期的な保存や積極的な活用ができるよう
になりました。また、金属製品の簡易保存処理も実施しており、調査によって出土した金属製品は錆の進
を防ぐために、空気・水を通さない特殊な袋に無酸素状態で密封して保管しています。

3.木製品の保存処理
 発掘調査では、まれに遺跡から木製品が出土することがあります。近年、伊藤幸司氏らを中心に糖類で
あるトレハロースを用いた木製品保存処理方法について研究が深められ、従来の処理方法より安価で安
全・短期間で保存処理を行える方法として注目されています。
 今回は、渡地村跡出土の木製品についてトレハロースを用いた保存処理を試験的に実施しました。保存
処理後の状況としては、遺物は全体形状を保っており、表面は木材の質感を保持しており状態は安定して
います。
 今後も当センターでは、木製品の保存活用に向け、トレハロース法について研究していく予定です。

 

4.保存処理の様子

県内出土遺物保存処理1

        県内遺跡保存処理2

 

県内遺跡保存処理3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.展示の様子

保存処理1

         保存処理2

       金属製品(中城御殿跡)                                     木製品(渡地村跡)

 

 











 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

沖縄県教育庁埋蔵文化財センター(代表)

〒903-0125 沖縄県中頭郡西原町上原193-7

電話番号:098-835-8751

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?