• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2015年12月21日

支庁改編について

平成21年4月1日より、宮古支庁は組織改編により本庁直轄型の組織になりました。

組織比較図

改編前後の組織比較図

組織改編の概要

企画部の総合出先機関(地方自治法第155条)であった宮古支庁(及び八重山支庁)を、本庁関係各部と直結した個別出先機関(地方自治法156条)に改編するものです。

組織改編の目的

地方分権の流れの中で、簡素で効率的な組織を構築することにより、重要課題に対してスピーティな対応を行い、よりよい住民サービスが提供できる体制を整えることを目的としています。

なお、地域住民の要望に応えるため、平成21年第1回沖縄県議会(臨時会)において、下記の事項に関して万全を期すこととしています。

  • これまで支庁が担っていた各種施策・事業については、支庁組織改編後も引き続き確実に実施し、住民サービスの向上を図ること。
  • 現在進めている伊良部大橋の整備等の重要施策を着実に推進するとともに、宮古地域の振興・発展に努めること。
  • 災害時の危機管理等に関する総合調整機能を確保すること。
  • 宮古事務所の所長は、本庁部長クラスを配置すること。

お問い合わせ

総務部宮古事務所総務課総務振興班

〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里1125 沖縄県宮古合同庁舎(総務課2階、県税課1階)

電話番号:0980-72-2551

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?