• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2014年9月19日

平成12年度整備機器

平成12年度の日本自転車振興会補助事業として、「表面あらさ測定機」と「塩乾湿複合サイクル試験機」を導入しました。

・表面あらさ測定機

 この装置は表面あらさ用検出器と輪郭形状用検出器を搭載しており、検出器の交換によって加工製品の表面あらさおよび形状測定を行うことができます。また、様々なデータ解析が行えることから生産ラインの管理等への応用が期待されます。工業技術センターでは、本装置により加工製品の表面あらさ・形状測定を行い、製品の精度チェック等県内の製造業者への技術指導に役立てていきます。

メーカ:株式会社ミツトヨ
型 式:SV-C534    

 表面あらさ測定機

 

・塩乾湿複合サイクル試験機

 この塩乾湿複合サイクル試験機は塩水噴霧・乾燥・湿潤・外気導入等のいろいろな組合わせの試験が出来ます。本県は亜熱帯特有の高温多湿に加え島嶼環境のため、鋼構造物等の腐食が著しく、その損失も莫大であると推測されることから,工業技術センターでは厳しい腐食環境に耐えうる材料および表面処理技術開発することを目的に、金属材料や表面処理を施した製品の複合的腐食促進試験を行うことにより、県内企業への技術指導や情報発信を行っていきます。

 

 

メーカ:スガ試験機株式会社
形 式:CY-120   

 

塩乾湿複合サイクル試験機

 

この補助事業JKA(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る 


お問い合わせ

商工労働部工業技術センター(代表)

〒904-2234 沖縄県うるま市州崎12-2

電話番号:098-929-0111

FAX番号:098-929-0115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?